福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年買った本

夢十夜を十夜で (はとり文庫 3)明治開化  安吾捕物帖 (角川文庫)続 明治開化 安吾捕物帖 (角川文庫)裸のランチ (河出文庫)陰陽師 天鼓ノ巻 (文春文庫)天地明察(上) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)見仏記5 ゴールデンガイド篇 (角川文庫)見仏記6 ぶらり旅篇 (角川文庫)
もっと読んだけど買ったのは少ないですね。もう置き場がなくてあふれてますから。
古書も購入してます。アレ、どこに片づけたかな。
とりあえず片づけがてら記録を。

「見仏記」は家にあるやつを読んでて‘そーいや最近買ってないかも’と調べたら二冊も買ってませんでした。それで即購入。相変わらずおもしろい。お二人の自由度がいい意味で増しているところがスバラシイ。
「天地明察」はおもしろいと言えばおもしろいのだけど構成があちこち微妙。そもそも上下巻に分ける必要が感じられない。まぁこれは最近の傾向だから仕方ないけど不満。着想はいいよねー。新鮮。
安吾は前から読みたかったのにずーっと忘れてて。最初はいろいろ無理があるけど途中からノッてきます。やっぱこの人、文章巧みです。ただ、いてもいなくてもいい登場人物が多過ぎ。脇役が超個性的なのにそれが生きていない。逆に主人公は頭脳明晰で紳士だけど無個性。横溝正史のように広く読まれていないのもこれでは仕方ない。推理小説としてはよく出来ているのでもったいない。

「夢十夜を十夜で」はスゴかった!たった十回ちょっとの大学の講義を再現したもので、大学ってこんなにハイレベルなことしてたっけ?と思うくらい深い分析と解釈がされてます。最初の講義は読んでもちんぷんかんぷん。おそらく生徒たちも同様だったのだと思うのだけど(実際、二回目の講義では生徒の数が激減する)、回を追うごとに先生の意図を理解し先生の想像を超えた成長をしていくのです。学ぶことを知り、そのおもしろさに目覚めることってすばらしいなーと感動させられる。こういう授業受けたかったなー。これを読むともう一度学生にもどって勉強し直したくなります。

草間彌生 永遠の永遠の永遠

お天気良かったので行ってきました。
つーか、私はこの方大して興味がなくて。だけど何故か前売り券買っちゃって。疲れがたまっているけど今日行かないと行かないで終わりそうだったのでお天気と有本利夫展の前売り券を買うのを口実にして出発。

さすがは草間さん。平日の新潟市美術館にしては人が多かったです。いつも私が行く展覧会と客層が違うんで、なるほどね~と思いつつ。若い人が多い。カップルもちらほら。写真撮影OKの作品も多いので互いに写真を撮り合ったりして。私はそんな周りの人々をひそかに観察。

作品はやっぱりおもしろいですよ。色使い、多色使いしていないものは好きです。白と黒の幻覚そのものって感じの作品もよかった。水玉少な目もよい。ただ、体調いまいち眼精疲労のためか、ちょっと眩暈がして細かい強迫神経的な作品はじっくり見れなかったのが残念。目玉がたくさんとか本来は好きなんだけど今日は気分悪くなってしまった。さらっと流してハイ終了。(もったいない?)

販売されているグッズが多いのもさすが。イイかもと思う半面、いかにもクサマな感じに使うのが気恥ずかしい気も。

新年の有本利夫を楽しみに今年の展覧会巡りはこれでお仕舞い。


華麗なるインド展へ

新潟市新津美術館で「華麗なるインド インドの細密画と染織の美」を見てきた。
山に近い美術館では時々雨が降り肌寒いが、雨は赤や黄色に染まる木々をしっとりと美しく見せ、足元の落ち葉の種類を数えつつ周囲の景色も楽しんだ。

仏教経典の挿絵から始まったというインドのミニアチュール絵画(細密画)は、王朝貴族が富を惜しげもなくつぎ込んでお抱え絵師たちに描かせたもの。貴族の生活や神々の物語などが異常なまでの細かさで描かれている。たくさんの色を使った鮮やかな色彩はとてもインドらしくて美しい。
もっと素朴でプリミティブな絵画をイメージしていたが意外と洗練されており、特にムガール時代はヨーロッパの影響を感じさせる実写的で端正な肖像画が見られ感心した。素描も結構な数が出展されていて、これを見ると技術の確かさがよくわかる。肩から腕、胸から腰の絶妙な曲線美はどの絵を見ても狂いなく描かれすでに様式美の域。まるでコンパスか分度器でも使って描いているかのようで、さすがは数学脳の国だと唸った。
写真で見るとつぶれてわからないが、衣類やアクセサリーなどの装飾や背景の植物など色の上にさらに細かい線や点が重ねられていて立体的にさえ見える。これはぜひ実物を見てほしい。

ふたつある展示室のうちのひとつは布。とにかく布、布、布。
かつてインドは染織の先進国だった。今ではインド綿というとチープな印象があるが、そんなイメージを吹き飛ばす高度な技術を駆使したすばらしいものばかり。木版捺染でよくもまぁこんなに細かい柄が染められたものだと感動。気が遠くなるくらいの時間がかかっただろうと思われる繊細な織物にまた感動。
現在ならコンピューターでデザインしてデジタルプリントで簡単に似たようなものは作れるかもしれない。でも同じ技法で作ろうとしたら数百万円かかるのではないか。そもそも技術者がいるのだろうか。あまりに複雑で技法がわからない絞りもあるそうだ。

ついでにお隣の古津八幡山・弥生の丘展示館を見学。現在発掘中の八幡山古墳の様子がつい先日マスコミに公表されたばかり。そういえば、まだ新潟市と新津市が合併していない頃、友人とあの辺りを散策したことがあった。お互いに歴史好きなので古墳、古墳と大盛り上がりした記憶がある。
新潟県内はけっこうたくさん小さな古墳があるらしい。以前話題になった胎内の城の山古墳なんて田んぼの中にあって杉が生えてる。あの辺り不自然に盛り上がってるなと思ったら古墳だったということは多い。

秋から冬へ

121113
近所の庭でも木々の紅葉が見られる季節。秋の終わりを感じる日々。
緑色ばかりの中に一枝だけ赤みの交じる南天が。実もオレンジ色がかって珍しい。

明日は寒気が入って山の方は雪が降るかもしれないとのこと。
冬近し。


ジパング展

県立万代島美術館で開催中の「ジパング展」を見てきた。

2009年に県立近代美術館で開催された「ネオテニー・ジャパン」と同傾向。日本現代美術の若手トップアーティストが勢ぞろいしている。ネオテニーと出品者は何人か同じだが今回も濃密な中身。30代が中心になっておりネオテニーよりさらに若い世代の割合が高い。

印象的だったのが‘伝統回帰’と言うべき日本の伝統的文化と最新技術の融合。
わかりやすいところで山口晃。大和絵、絵巻物、洛中洛外屏風、昭和レトロ、これらをイメージさせる絵柄が混ざり合い、よく見ると現代の文化であるBSアンテナまで登場する。武士が跨る馬は頭は生きた馬だが下半身はバイク。絵巻物風でありながら画材は油彩だ。逆に日本画の技法で従来の日本画ではありえないような過激なテーマを描く町田久美。美術雑誌に‘超絶技法’と書かれた微細な線を積み重ねて描く池田学も戦国時代のようでいて昭和レトロも同時にあり、どこか近未来的でもある。
チームラボの映像作品は外国人にウケそうな内容。墨で線が描かれ立体的に回転しながら木となり、そこに梅のような花が咲き緑が芽生え、鳥や蝶が集う。これが日本の美意識だといわんばかりの美しさ。

表現方法としては万人受けすると思えない作品も多いが、優れた技術を持つアーティストばかりなので見応えがある。もうもうお腹がいっぱいになる。最後の方に会田誠の脱力系作品があるところがまたスゴイ。というかあの人はもっとスゴイ作品があるのに‘おにぎり仮面’を持ってきてしまったところがね、やってくれるわ。見て見ぬふりをして通り過ぎるおじさんとか、ちら見して通り過ぎる郵便配達員に吹いた(笑)

それにしても‘戦っている’作品が多いのも印象的。やっぱり戦っているのか現代人。

清水園へ


いきなりボケボケ写真ですが、紅葉美しい新発田の清水園へ行ってきました。

メインは紅葉ではなく「紅葉ノコロ」(もみじのころ)というイベントです。
新発田市内でお店を営んでいたり何かしら活動している方々が集まってのフリマ形式のイベントでした。新発田市内の方ばかりでなく県内の他の地域や県外からも参加しています。
雨天だったらどうなるのかな?と心配していましたが清水園内の建物、書院・休憩所・米蔵(食堂)を使っていたので心配いらず。それでも雨が降らなくて傘を持ち歩かずに済んだのでよかったです。武家屋敷石黒家でもワークショップが開催されたみたい。
書院は服飾、陶芸が主。村上のお茶屋さん・冨士美園さんも出店していました。米蔵は主に手作り雑貨。休憩所は食品。そして米蔵と休憩所のある建物の軒先には古道具と、けっこうな規模です。喫茶室も開店しています。
明日もあるので土曜日の明日の方が混むかな。今日はゆったり見れました。大抵のイベントは土日にやるから平日に設定していただけるのはアリガタイですね。

好きなお店がいくつか出ていたのでそこを中心に見て後はちょっとした紅葉狩り。庭園散策です。
まだまだ赤色は少ないし、雲の多いお天気で紅葉はあまり映えませんでしたが、秋枯れの日本庭園はやっぱり美しかったです。清水園の紅葉はこれからが本番。ライトアップもあるようで今日はその設置中でした。紅葉の規模は小さいですが清水園は結構穴場かも、です。

本日の買い物はというと、新発田の丸村さんからデッドストックの昭和四十年代のお皿数枚、GURIさんの米粉シフォン、そしてイベントとは関係ない(?)店のお麩を買ってきました。このお麩は油で揚げてあるもので通常のお麩と違って水戻しせず熱していない煮汁から煮るそうです。どうやって食べようかなーと楽しみに考えています。

昼酒

今日一日をメモメモ。

三条マルシェへ。先週と打って変わっていい天気。ちとクヤシイ。
地元駅で石炭らしきもの拾う。SLの落し物?
東三条駅は弥彦線の乗り換え以外で降りたことがないので実質初。

一ノ木戸商店街までの通りには六角凧屋さんと刃物屋さんアリ。さすが三条。

マルシェ自体は飲食店メイン。飲み物を買って飲みながらサラリと流す。
きんぴらの入った笹団子を購入。
途中の神明宮には三組の狛犬がいて引退狛犬がステキだったのでこれのみ写真撮影。

せっかく三条まで来たのだからとかねてから気になっていたお店をいくつかたずねる。
羽生紙文具店pippi、真昼造船、PORTOBELLO MARKET。
PORTOBELLO MARKETさん(アンティーク雑貨)は残念ながらお休み。真昼造船さん(古書)は雰囲気のあるお店でステキなのだけど欲しくなるような本には出会えず。
羽生紙文具店pippiさんは期待以上の品揃え。ペーパークラフト系が一番多くてこれが遊び心のあるおもしろいものばかり。文具や食器も少数ながらこだわりが感じられセンスよし。ヴィンテージのキッチンウエアや二階にはヴィンテージ家具まであっていくら眺めていても飽きない。長時間ふらふらしながら何も買わなくてスミマセン。

東別院でお参りしてから来た道を戻る。
一ノ木戸商店街で福顔酒造で父への土産を選ぶ。というか、ほぼ全種類の日本酒を試飲。目の前お猪口だらけ。昼酒うまい。舌が回らなくなりそうなところで切り上げる。

酒も買ったし、ついでに六角凧サブレを買って帰路につく。子供の頃から家に三条の六角凧があって六角凧は好き。凧の形の箱がよい。

結局スイーツ・フェスタは背後から眺めただけだったな。
並ぶのがチョーニガテ。もうすぐお店を開店する女性パティシエのスイーツに興味があったんだけど。
開店したらまた三条に行こう。


新津あおぞら市場

残念ながら青空になることはなく大半は雨でした。昨日までとは打って変わって肌寒かったし。
出店した方たちは濡れるわ客は来ないわで気の毒でした。これはこれで思い出になるのかな。
それでも普段ではありえないくらい人が歩いていた新津の町。商店街のみなさんは天気が惜しまれることでしょう。

個人的には収穫アリでした。
一箱古本市は出店者集めに苦労していたようなので期待はしてなかったのですが(ごめんなさい)、確かに今まで一番の少なさだったかも。申し訳ないことに私の買い物は“プロ”からの買い物でした(重ね重ねごめんなさい)。店主さんは“サクラ”だなんて言ってましたが海老ヶ瀬にお店をお持ちの方でした。
セレクトがかなり好みで背中に滴り落ちる雨を気にしながら三冊選ばせていただきました。
新発田に古本屋が開店したという情報を得たのも収穫です。
十三夜さんのお菓子と羽生さんのお菓子と和洋両方のおやつも買ってきました。

新潟シティマラソンのお天気はどうだったのでしょう。高橋尚子さんがゲスト参加すると話題になってましたね。職場の人が参加していたので後でゆっくりお話を聞くことにします。
来週の三条マルシェは晴れてほしいなぁ。

10月のイベント

10月って好きです。寒くも暑くもないから。
太陽もまだ強さがあって、歩き回るのにはもってこいの季節。

そんなこんなで世の中イベントも多いのです。
とりあえず7日の「新津あおぞら市場」と14日の「三条マルシェ」は行きたい。
新津の方は一箱古本市もあるらしいです。三条は毎月のように開催されてますが、たしか10月は規模が大きい。ついでに東別院も行ってみたい。運よく休みもとれたしこれは10月一番期待のイベント。
13・14日は古町も「古町どんどん」ですね。新発田の「テラ市」もこの2日間かな。
フリマ花盛りですね。よいお天気に期待です。

あとは「ジパング展」と「若冲・応挙の至宝」は10月にできるだけ行きたい。11月は11月で他に見たいものもあるので。月曜休みが2回あるのが惜しい10月。
それにしても「水と土の芸術祭」にいつまでたってもたどり着かない。

行かないけど、気になったイベントをいくつか。
●浜メグリ 秋の浜展2012  10月6日(土)~10月14日(日)
角田浜・越前浜エリア在住のアーティストたちの工房作品を見て回れるアート・イベント。
●NIIGATA Sweets FESTA 2012  10月6日(土)~10月8日(月・祝)
新潟ふるさと村で開催のスイーツ販売イベント。
●鉄道関連イベント 10月13日(土)、10月21日(日)
毎年忘れちゃうけど一度は行きたい「JR貨物 東新潟機関区 一般公開」。来年こそ。
今年は他にも会場があって規模が大きいかも。

イベントカレンダー
http://www.nvcb.or.jp/tanoshimu/eventcalendar.html#month10

Catrin Arno

catrinarno1
ドイツ人アーティスト。
ありがちっちゃーありがちな感じではあるものの、適度に毒気やシュールさがありつつ美しいので好きです。

catrinarno2

catrin arno3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。