福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年買った本

夢十夜を十夜で (はとり文庫 3)明治開化  安吾捕物帖 (角川文庫)続 明治開化 安吾捕物帖 (角川文庫)裸のランチ (河出文庫)陰陽師 天鼓ノ巻 (文春文庫)天地明察(上) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)見仏記5 ゴールデンガイド篇 (角川文庫)見仏記6 ぶらり旅篇 (角川文庫)
もっと読んだけど買ったのは少ないですね。もう置き場がなくてあふれてますから。
古書も購入してます。アレ、どこに片づけたかな。
とりあえず片づけがてら記録を。

「見仏記」は家にあるやつを読んでて‘そーいや最近買ってないかも’と調べたら二冊も買ってませんでした。それで即購入。相変わらずおもしろい。お二人の自由度がいい意味で増しているところがスバラシイ。
「天地明察」はおもしろいと言えばおもしろいのだけど構成があちこち微妙。そもそも上下巻に分ける必要が感じられない。まぁこれは最近の傾向だから仕方ないけど不満。着想はいいよねー。新鮮。
安吾は前から読みたかったのにずーっと忘れてて。最初はいろいろ無理があるけど途中からノッてきます。やっぱこの人、文章巧みです。ただ、いてもいなくてもいい登場人物が多過ぎ。脇役が超個性的なのにそれが生きていない。逆に主人公は頭脳明晰で紳士だけど無個性。横溝正史のように広く読まれていないのもこれでは仕方ない。推理小説としてはよく出来ているのでもったいない。

「夢十夜を十夜で」はスゴかった!たった十回ちょっとの大学の講義を再現したもので、大学ってこんなにハイレベルなことしてたっけ?と思うくらい深い分析と解釈がされてます。最初の講義は読んでもちんぷんかんぷん。おそらく生徒たちも同様だったのだと思うのだけど(実際、二回目の講義では生徒の数が激減する)、回を追うごとに先生の意図を理解し先生の想像を超えた成長をしていくのです。学ぶことを知り、そのおもしろさに目覚めることってすばらしいなーと感動させられる。こういう授業受けたかったなー。これを読むともう一度学生にもどって勉強し直したくなります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。