福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるインド展へ

新潟市新津美術館で「華麗なるインド インドの細密画と染織の美」を見てきた。
山に近い美術館では時々雨が降り肌寒いが、雨は赤や黄色に染まる木々をしっとりと美しく見せ、足元の落ち葉の種類を数えつつ周囲の景色も楽しんだ。

仏教経典の挿絵から始まったというインドのミニアチュール絵画(細密画)は、王朝貴族が富を惜しげもなくつぎ込んでお抱え絵師たちに描かせたもの。貴族の生活や神々の物語などが異常なまでの細かさで描かれている。たくさんの色を使った鮮やかな色彩はとてもインドらしくて美しい。
もっと素朴でプリミティブな絵画をイメージしていたが意外と洗練されており、特にムガール時代はヨーロッパの影響を感じさせる実写的で端正な肖像画が見られ感心した。素描も結構な数が出展されていて、これを見ると技術の確かさがよくわかる。肩から腕、胸から腰の絶妙な曲線美はどの絵を見ても狂いなく描かれすでに様式美の域。まるでコンパスか分度器でも使って描いているかのようで、さすがは数学脳の国だと唸った。
写真で見るとつぶれてわからないが、衣類やアクセサリーなどの装飾や背景の植物など色の上にさらに細かい線や点が重ねられていて立体的にさえ見える。これはぜひ実物を見てほしい。

ふたつある展示室のうちのひとつは布。とにかく布、布、布。
かつてインドは染織の先進国だった。今ではインド綿というとチープな印象があるが、そんなイメージを吹き飛ばす高度な技術を駆使したすばらしいものばかり。木版捺染でよくもまぁこんなに細かい柄が染められたものだと感動。気が遠くなるくらいの時間がかかっただろうと思われる繊細な織物にまた感動。
現在ならコンピューターでデザインしてデジタルプリントで簡単に似たようなものは作れるかもしれない。でも同じ技法で作ろうとしたら数百万円かかるのではないか。そもそも技術者がいるのだろうか。あまりに複雑で技法がわからない絞りもあるそうだ。

ついでにお隣の古津八幡山・弥生の丘展示館を見学。現在発掘中の八幡山古墳の様子がつい先日マスコミに公表されたばかり。そういえば、まだ新潟市と新津市が合併していない頃、友人とあの辺りを散策したことがあった。お互いに歴史好きなので古墳、古墳と大盛り上がりした記憶がある。
新潟県内はけっこうたくさん小さな古墳があるらしい。以前話題になった胎内の城の山古墳なんて田んぼの中にあって杉が生えてる。あの辺り不自然に盛り上がってるなと思ったら古墳だったということは多い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。