福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅周辺散歩 その二

次に行ったのは出光美術館の「東洋の白いやきもの」展。
三菱一号館美術館から2ブロックほど歩いたところにあり、最寄駅は有楽町。
しっとりと落ち着いた雰囲気があり、コレクションもすばらしく大好きな美術館です。
入館者の年齢層も高い印象があります。
帝国劇場のあるビルの9階まで専用のエレベーターに乗ると高級料亭か高級旅館を思わせるエントランスに到着。
思ったより空いていてゆっくりと作品を鑑賞することができました。

出光美術館のコレクションは東洋・西洋絵画から書、発掘品、工芸品と幅広く、個人的にコレはスゴイ!と思っているのが陶磁器のコレクションです。
中国の陶磁器を中心に各国各時代のやきものを有し、さらに板谷波山のコレクションは日本一だそうです。
確かに以前見た板谷波山展はすばらしかった!!今思い出しても涙とヨダレが出そうです。

そしてコレクション以外のおすすめはロビーから見える景色です。
日比谷通りに面する窓からは左手に警視庁、そして皇居外苑の緑がずーっと広がり宮内庁も見えます。
ソファーに座れば視線の先は桜田門。
sakurada
この後の予定は特になく、この日は暑さもそう厳しくなかったので皇居外苑に行ってみることにしました。
歩き出してみると出光美術館から見たより距離があり、時折薄日の指す曇り空の下汗をかきかき黙々と歩きました。
高層ビルに囲まれた皇居の森はそこだけ異空間のようで不思議な場所でした。
平日のためか外苑を歩いているのは外国人観光客だらけで日本人はあまりいませんでした。
中国人が多いのが意外でした。
予備知識のない見学だったので完全におのぼりさん状態で外国人に混じってキョロキョロ、ウロウロ(笑)
案内板がところどころにあるのだけれど、どれも日本語の案内ばかりで外国人には不親切。
njuubashi
途中、外国の方に声をかけられて写真を撮ったり道を聞かれたり思いがけない交流もあり楽しかったです。

本丸跡などがある公園に入園しようかどうしようかという頃には陽がさしてきて躊躇。
思い切って行ったはいいけれど、やはり暑さにバテて早々に出てきてしまいました。
今度は秋か春にもう一度。
近くにある日比谷公園も行ってみたい。

結局、展覧会よりも予定外の皇居外苑の方がいい思い出になりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。