福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクル

オンワード樫山の衣料品引き取りキャンペーン(オンワード・グリーン・キャンペーン)に参加してきた。
オンワードグループ・ブランドの衣料品を回収し毛布や軍手にリサイクルしたり、リユースしたりするという活動である。
これらは日本赤十字社やUNHCRの協力のもと難民支援のために寄贈されるそうだ。

もちろん無料。
さらにはオンワードグリーンチケットといって買い物券がいただける。
最近はオンワード製品はほとんど着なくなったのでチケットをいただいても使わない可能性が高いけれど、着なくなった衣料品を捨てるよりは社会貢献をと思った次第。

そしてチケットよりも嬉しかったのがコレ。

引き取られた衣料品の一部から作られた軍手をいただいた。
女性サイズの大きさも色もかわいい軍手。
ぱっと見グレーだが、いろんな色が混じった糸で編まれていて赤、緑、ゴールド、黒、白、ピンク、紫、青などが見え隠れして軍手にしておくのがもったいないようだ。

オンワード樫山あたりならまだしも、ユニクロやら通販やらで安価に購入した服は人にあげることもできないし、せいぜい着れなくなるまで着込んで雑巾がわりにするくらいしか思い浮かばない。
職場では社員から綿衣料を回収して障害者施設での機械作業に使用してもらうという活動をしているのでそこに出すという手もある。

昔は母が編んだセーターはまたほどいて他の衣料になったし、古い浴衣はオシメに作り直された。
洋服も親や年上の身内からのお下がりが多かった。
タオルだってだんだんと使われる場所が変わっていって最後には雑巾になる。
衣料品は簡単には捨てなかった記憶がある。
捨てるとしてもボタンを全部外して取っておいた。
我が家には様々なボタンが混ざったビニール袋が裁縫箱に入っていた。
お人形の洋服が欲しいと言うと短い毛糸や端切れで洋服を作ってくれた。

洋服の処分方法を考えていたらそんな記憶が甦ってきて妙になつかしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。