福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力外

ある本を探して文庫売場へ。

‘戦力外通告’と書かれたコーナーに目がとまった。
新潮文庫が三十冊程も箱に並んでいただろうか。
出版目録から外れ再版されなくなる文庫本だっだ。

ナントも痛々しい通告を突きつけられた本たちはどんな顔してんだい、と興味をそそられ箱を覗き込んだ。
私が持っている本が二冊もあるではないか。
一冊は著名な作家の小説であるもののお世辞にもいい作品とは思えず、数がまとまったら手放す予定の本を集めた箱にすでに突っ込んである。
もう一冊は目録から外されることが意外な気がするエッセイだった。

出版社としては売れない本をいつまでも抱えてはおけないし、書店だって新刊が次々と入ってきて常にパンク状態だ。
敗者復活といえる復刊が時にはあっても、そんなものはほんの一握り。
新刊が出る裏でこうやって消えていく本があるのだなぁと複雑な心境で書店を後にした。
・・・ちなみに私が探している本は絶版と判明。
運良くネットで古本を見つけて一安心したところ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。