福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SARAH MOON

日本でも人気のあるフランス人の女性写真家、サラ・ムーン
もう70歳くらいの方で長年ファッション誌を中心に広く活躍されています。
sarah moon
焦点をずらしたような、ぼかしたような、撮り方によるものなのかプリントによるものなのか技術的なことはわかりませんが、ぼやっとした感じが女性の輪郭のあわあわとした美しさを表していてまるで絵画のよう。
色彩感覚もすばらしく青・緑・黄・赤・紫といったインパクトのある色の組み合わせが特に印象に残ります。

特に好きなのはモノクロ写真。銀塩プリント?
セピアだったりモノクロだったりの縁取りのある古い写真風の作品の暗さや曖昧さが、現代のハッキリ、クッキリとしたデジタル画像にはない魅力です。
凝りに凝ったプリントは完全にアート。
日本でも展覧会が開催されたことがあるようですが、一度は生で観てみたい写真家の一人です。

写真集もいろいろ出ているようでいて入手がし難い。
古本やオークションにはかなりの高値がついています。
最近出た(これから出る?)作品集はサラの業績をまとめたもののようで、内容は濃そうなもののやはり高価。
ペーパーバックじゃ写真を楽しむにはちょっとなぁというところです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。