福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい出会いを求めて

テレビ再放送で「剣客商売」にすっかりハマり、15年以上前に買い揃えた手持ちの本をここのところ毎日読んでいるところ。
本放送を見てた当時原作を読み返してたものの、全巻通して読むのは久しぶりな気が。
さて、「剣客商売」の話は別に書くとして最近読むものといえば小説ばかりで、もっと広いジャンルの本を読まないとアカンなーなどと思っていたところ、北書店に行く機会があった。

この書店、多くの人に惜しまれつつ閉店した北光社の店長だった人が経営している店で、こだわりある棚作りが興味深い。
まだ開店して日が浅いこともあるのか何せ棚がゆったりしている。
最初から期待して行っているので丁寧に見るのは当然といえば当然なのだが、本の並びがぎちぎちじゃないと一冊一冊に目が届きやすい。
‘間(ま)’があるってステキだ。気持もゆったり。
もちろん、ぎちぎちの棚から宝捜し気分で目を皿のようにして本を探すのも楽しい(英進堂へ行くとこんな感じ)。
北書店は雑貨屋さんにいるような気分。

いろいろ手にとる中、目についたのは坪内祐三の本が数冊並んだ一角。

文庫本福袋 (文春文庫)
この表紙が印象的。
前から気になっていた人なので同じく並んでいた「新書百冊」など中を見てみたが、その日どうしても欲しいという本ではないので買わなかった。
(この方の身内に私の先生の先生である民俗学者の柳田國男がいるのだが、坪内さんの家系は学者や文化人だらけ)
帰宅してから改めて調べるとおもしろそうな本が。

無礼講 酒気帯び時評55選
北書店にもあった?
時事ネタだから今の話題ではないけれど、何かのついでに一緒に買おう。
そして「文庫福袋」「新書百冊」よりこちらがいいかなとおもった福田和也著作。

贅沢な読書 (ちくま文庫)

どれも書評ともエッセイとも言えるもので、自分ひとりでは選ばないような本を見つけるきっかけになりそう。
幅広い読書には外からの刺激も時には必要。

北書店から購入したものはコレ。

木村伊兵衛昭和を写す〈1〉戦前と戦後 (ちくま文庫)
‘日々の暮らし’バンザイ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。