福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美肌菌

先週NHKの朝の番組で「美肌菌」なるものの特集をやってました。
ながら見だったので後でネットで情報収集しましたが、表皮ブドウ球菌という善玉菌なのですね。
この菌は保湿成分であるグリセリンを生成するので表皮ブドウ球菌をたくさん飼っている人ほど美肌というわけです。
おまけに表皮ブドウ球菌が多いと悪玉菌である黄色ブドウ球菌を撃退する効果も。
黄色ブドウ球菌の細胞膜を破壊する力を持つ抗菌ペプチドの増加に関わっているようです。

この‘美肌菌’こと表皮ブドウ球菌を増やし育てるには、美肌菌のエサとなる皮脂を保つことが必要だそう。
基本的に現代人は洗いすぎなんですね。
皮脂を落とすことで必要な細菌まで洗い流してしまってる。
お風呂につかるだけでもかなりの表皮ブドウ球菌が失われているらしいのですが、また1日かけて増殖しているのです。
だから一日に何回もシャワーをあびるのは乾燥の元なわけです。

番組では石けんや洗顔フォームで洗顔しない方法を紹介していました。
たしか佐伯チズさんも‘肌断食’なるものを推奨してた記憶がありますが、それみたいなものです。
朝は水で軽く洗うだけ。
せいぜいでTゾーンを石けん等で軽く洗う程度で。
夜はクレンジング剤で化粧を浮かせたら蒸しタオルでふき取る。
こんな洗顔法でした。

私は乾燥肌で脂っ気も少ないので元々ガシガシ洗うことは避けていたし、あえて水洗いで済ますこともあります。
だからこの番組を見て今までのやり方が間違ってなかったとちょっと安心。
気になる皮脂も美肌菌を育てていると思えばそれほどうっとうしくもなかったりして。
外から保湿成分を与えなくても自分の持っている天然の保湿成分で肌が潤うのなら最高ですよね。
セコい考えだけど、石けんの節約にもなるなぁ。

あと、美肌菌を育てるのに効果があるのがウォーキング。
汗には美肌菌が好むグルコオリゴ糖が含まれ、さらに黄色ブドウ球菌を抑える抗菌ペプチドも含まれているとか。
汗はだらだらタレるほどかく必要はなく、気持ちよく汗をかく程度で効果は充分なようです。
お医者さんのサイトに書かれていましたが、皮膚の善玉菌を常に保つには根本的には腸の善玉菌を保つことが大切だそうです。
腸と表皮の関係は密接で腸内環境を整えることが美肌にもつながるのです。
肌はストレスも表われやすいですよね。
健康な人は肌もきれいだということだなぁとあらためて思いました。

コメント

Re: あぶら。

☆おがちゃん
佐伯チズさんがおっしゃるにはあぶらとり紙もあまり使わない方がいいみたいよ。
でもあぶらは個人差あるよね。
私はあぶらとり紙にあまりあぶらがつかないから、あぶらが少しでも多いと嬉しいもん(笑)

肌がきれいとは言われるけど、さすがにハリに不安が出てきました。
もう年齢が年齢だからね~。
少し年齢が上の人を見ると「私もこうなるのか」と危機感をおぼえます。

  • 2010/08/03(火) 22:11:37 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

あぶら。

さるるさん肌きれいじゃーん。
て、会ったのは数年前だけど・・・(苦笑

一日何回もあぶらとり紙でせっせと拭き取っているのは
美肌菌なのかなぁ。
毎日汗だくで、どんどん脂がわき出てくるようで、
必死になってがしがし洗ってました。
危ない危ない。

  • 2010/08/02(月) 21:30:10 |
  • URL |
  • おがわ。 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。