福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籔内佐斗司

「彫刻家・籔内佐斗司 動き出す彫刻たち」
新潟県立万代島美術館で7月24日(土)から9月26日(日)まで。


いやぁ、これは観に行こう。
私、この作家さんは全く知らないけど万代島美術館に収蔵されている「走る童子」という作品を‘おケツくん’(藪内さん、すみません)と勝手に命名して行く度に「今日はおケツくんたちいるかな~。今日はどこの壁かな~」と楽しみにしてるんです。(童子たちは壁から出て来て、壁に入って行くんです)
でも今日、展覧会のポスターを見つけて、あ、おケツくんじゃん!と走り寄って、他の作品の写真を見てるうちに気がついちゃいました。
藪内さんて‘せんとくん’の作者じゃない!?
(‘せんとくん’は平城遷都1300年祭マスコットキャラクターです。)
よく見たら、せんとくんもいました。さりげなく・・・

せんとくん、嫌いなんです。
運悪く駅のポスターにせんとくんを見つけてしまうたびに「せんとくん、キモっ!」とつぶやいてしまう。
たしかに、せんとくんとおケツくんは似ている。
ほかの作品も。

それでも観に行ってしまうな、これは。
ひさしぶりに楽しみな展覧会だな~♪

コメント

☆えみこさん
おケツくん、なんてゴメンナサイ(裸でお尻を出しているので)。
なんだか、かわいいんだかかわいくないんだか、よくわからなところに心惹かれますよね。
あれは小さいからいいんですけど、大きいのがあったら少しこわいです。

作家さんは文化財修復のお仕事もされている方らしいですね。
なんだかすごい感性です。

  • 2010/06/18(金) 17:38:49 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

私も楽しみにしているんです。
キモカワキャラ、せんとくん。
おケツ君?も雰囲気にていますよね~

  • 2010/06/16(水) 22:31:18 |
  • URL |
  • えみこ #q7XswXQk
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。