福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の気付き

今日は友人と東北電力グリーンプラザで開催中の「新潟の町・小路めぐり展」へ。
グリーンプラザってあまり行った記憶がないんだけど、あんな(どんな?)建物内部だったんだねぇ。
最近改装したのかな。やけにきれいだった。

展覧会は古町界隈のあちこちで見かけるようになった野内氏(新潟の下町の魅力を日々発信し続ける方※)のイラスト展かと思いきや、イラスト展じゃないよね、の内容。
結局は小路紹介でした。別にいいけど。
だって地名や小路名から昔の街並みを想像するのってムチャクチャ楽しいわ~。
川や堀だったところが道路になっているってだけで軽く興奮できます(笑)
今日は短い時間に頭の中でめまぐるしくバーチャル世界を展開させてしまいました。
町歩きの時だって想像と妄想の世界に入り過ぎて、大抵カメラを持っていても写真を撮り忘れるんだよね。
私は野内氏みたいに冷静にカメラのアングル考えられないわ。歩くこと自体が楽し過ぎるから。
でも野内氏と視点がすごく近いことに気付きました。
「おっ、いいね」と思いながら歩いている場所がことごとく写真で紹介されていました。

歴史のある町は地名の成り立ちにも歴史があるから、名前が残れば昔の面影を探すことができます。
通りの名前に「川」がついているのは昔そこが川だったから、なんて具合に。
新潟の西堀、東堀なんてまさにそれです。
地形図に載っている地名は資料としてもかなりおもしろいです。
ただ、地名って消えるんですよね。だから古い地図はかなり重要。
平成の大合併も地名の歴史が埋もれる危機です。

そんなことを考えつつ、私にとって‘地名’はテーマのひとつだなと改めて気付きました。

そして、今日の最大の気付きは天神様!
いや、大したことではないのです。
新聞に折り込まれているローカル商業紙に「2月24・25日は天神様です」と書いてあって、スーパーに行ったら天神様の粉菓子(落雁ですかね)が売っていて。
そうか、天神様って天神講のことかーと今更ながら認識して。
天神様のお菓子、私の暮らす地域では小学校で配っていたことを思い出しました。
今も配ってるかな?
たしか桃色した菅原道真公でした。
今日売っていたのは道真さん、鯛、海老、松、梅、そしてブドウ。なぜブドウ?

なぜブドウ?と不思議に思って調べたけど、これは全然わからない。
ただ、怨霊だった道真公が学問の神様になったのは江戸時代だったことは初めて知りました。
道真公は「陰陽師」で大好きな登場人物(登場怨霊)だったのに知識足りないなぁ。
大阪の天神祭なんかもおもしろいですね。今度ゆっくり調べよう。

そして地元の天神様。
私の地域は聞いたことがありませんが市内では線香花火を備える地域もあるとか。
線香花火、ぶどう・・・どちらも季節外れだよなぁ???
昔は五目御飯を作ってお供えした地域もあったようです。
さらにハッと気がついたのが、我が家にある掛け軸!
平安貴族みたいな装束の人の掛け軸があって不思議だったんだけど天神様の軸だとようやく気がつきました。
ちょっと裏張りしてある紙がおもしろいんでボロボロだけど大切にとっておいたものでした。
父に確認してみると思い出す思い出す(笑)
昔、家のどこそこに掛けて、何をどういうふうにお供えして・・・初めて聞く話ばかり。
「今年はお供えするか」って我が家は子供いないよ~。でも、おもしろそう。
次にスーパーに行ったときにお菓子が売っていたら御祭りしてみようと思います。



※野内氏の情報発信基地「にいがたなじらねっと」
http://www.najiranet.com/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。