福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 ~カヤバ珈琲編

慶喜さんのお墓を後にして言間通りへ向かって坂を下っていきます。
その通りはレトロな建物がいくつも並んでいます。さすが谷中!
当初、また愛玉子(オーギョーチー)に寄る予定にしていたけど墓地で時間を使い昼時でもあったので今回は見送り。
老舗の趣きを残す桃林堂も過ぎると言間通りと交わる地点に2軒のレトロな建物があります。
左が旧・吉田屋。現在は下町風俗資料館の施設の一つです。
そして右がカヤバ珈琲。
着物好きの間ではちょっと有名(?)な昭和初期から営業していた喫茶店です。
このカヤバ珈琲、閉店したと聞いていたのに嬉しいことに営業している!
ガラス越しに中をのぞくと空いているようなのでここで昼食をとることにしました。
100206b
吉田屋。縮小したので見えませんが、瓦や樋を支える部分に‘吉’の文字が入ってます。
100206a
大正時代に建てられたというカヤバ珈琲の建物。
100206c
カヤバ珈琲の言間通りを挟んだ向かいにも古い建物が。
100206d
中はかなり手が入っていて、まだ真新しい感じ。
聞いてみると、閉店を惜しんだ地元有志が台東区の協力のもと昨年9月に再オープンしたそうです。
柱や革張りの椅子は昔のまま。前の店のメニューも残っています。
とても居心地のいい空間だし、今回食べたハヤシライスもおいしかった!
古い物を大切にするところがこの町の魅力です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。