福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 ~谷中墓地編

東京に行くにあたってどこに行こうかかなり迷いました。
歌舞伎座?神田神保町?それとも西新宿?それとも・・・
いろいろ悩んだ末に選んだのが谷根千。
以前、谷中七福神巡りをした時のゆったりした町の雰囲気が忘れられず、雑誌等で気になる店もいくつか見つけていたので決めました。
よく利用する東京駅での丸の内線への乗り換えに比べると移動も楽で時間短縮にもなります。

さて、雪の新潟から強行出発した2月6日。
土曜日とあって臨時新幹線があり、電車の遅れで予定の新幹線を逃したわりには早く上野に着きました。
山手線で日暮里へ。
駅を出るとすぐ目の前が谷中墓地です。
谷中墓地大好き♪
今回は素通りのつもりが、ついついうろついてしまいます。
梅の花が満開で東京の春の早さを実感。
最低限、慶喜さんのお墓はお参りしましょうかねと思い寛永寺のエリアに入ります。
途中、黄色いジャンパーと帽子のおじさんにすれ違う。
土日は案内ボランティアがいるのね。

そして慶喜さんのお墓に到着。
相変わらず古風で素敵なお墓です。
お墓に近づきながらずっと気になっていたのがお墓の近くにたたずんでいるおじさん。
お参りして顔を上げるといつの間にやら背後に近づいて来て「このお墓に興味がありますか?」。
ヘンな問いかけに何と返事したものかと躊躇。
思わず半ば本音の「あまり興味ありません」・・・
するとおじさん「じゃあ、説明しても仕方がないですね」と来たもんだ。
はぁ?と思いつつ「ボランティアの方ですか?」と尋ねると「いや、この墓の研究を・・・」とゴニョゴニョ。
そういや黄色いジャンパー着てねーなと立ち去ろうかとも思ったら、おじさん何か言いたそう。
「興味あるんなら本には書かれていないお話をしようと思ったんだけど、興味ないんでしょ」ともったいぶる。
結局、話を聞いてしまいました。
おじさん、自転車に資料しっかり積んでました。
これがなかなかおもしろいお話だったのですよ。
しかし、おじさんのマイペースぶりにはまいりました。話の展開ももったいぶってて長い!
幕末は興味薄いので大河ドラマの知識程度しかなくて、オジサンに素人は黙って聞いてろ的な視線を投げかけられ、そして寒さに耐え切れずブルブルしつつも質問してしまう私。
「これを話すと長くなるんですけどねぇ・・・」
「・・・時間ありませんので!!」
腹ペコだったんで失礼させていただきました。ごめんなさい。
貴重なお話ありがとうございました。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。