福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、由利先生

去年は「半七捕物帳」に再びどっぷり浸かり、年末から横溝正史の金田一耕助シリーズを読んでいる。
一昨年の12月にジュブナイルをのぞくシリーズ全作を揃えてから気分的に落ち着いちゃって、この一年はあまり読まなかった。

金田一が横溝小説の代表的探偵さんになる前は横溝小説の探偵さんといえば由利先生だった。
由利先生はまだ全部揃えていないし、まだ全部読んでもいない。
そろそろ由利先生や表紙違いを・・・と、金田一シリーズでは大変お世話になったネット古書店を訪問。
あれ?なんかサイト変わりましたね?
と思ったら横溝正史のページがなくなってる!?

もともとこの古書店はSF・ファンタジーがメインで推理小説は横溝みたいな耽美系に限られていたんだよね。
すっかりハヤカワと創元にしぼった品揃えになってしまっていた。
ああああ、ここは品揃えもサービスも良くて好きなのに。
由利センセ~、俊助~(涙)
また新しい店を開拓しないと・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。