福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【13】蓮の屋敷、蓮の池、記憶の土蔵

あの土蔵も作品だったの???
題名調べてわかりました。

にいがた空艸舎さんのイベントにやって来た友人と西大畑界隈を散策しました。
会場は北方文化博物館別館。
まずその前にピンク色の金井文化財館を眺めつつ、さらに会場の北方文化博物館分館も通り過ぎます。
旧斎藤家夏の別邸、行形亭の前を通り、地獄極楽小路へ。
お屋敷やレトロな床屋さんなどを見ながらグルリと一周してまた旧斎藤家へ。
ここは水と土の芸術祭の作品があります。

【13】関係―蓮の屋敷、関係―蓮の池、関係―記憶の土蔵
091011a
花弁の散った蓮に鉛のような金属をコーティング、それが船から咲いています。
二階には座布団に据えられた蓮が並びます。
あちこちに水をたたえた黄色い容器が置かれ、水面に胴の花弁が浮かびます。
その上には蓮の実がひとつ。
091011b
なにやら不思議な光景・・・
庭の池にも黄色い睡蓮の葉のようなものが浮かんでいます。
そして土蔵。
古民具が並んでいて説明してくれたおじさんは「前からここにあったもの」みたいなことを言ってましたが、帰宅して作品集を見ると「ニイガタのタカラアツマレ」で集められたものとあります。あれ?
さらに、それを暗い土蔵の中でペンライトと見ると書いてあり・・・あれれ?
電気つけてましたよね???

今まで見る機会がありませんでしたが、建物といい庭園といい噂に違わぬ素晴らしさ。
新潟市が所有してくれて本当に良かったです。
091011c
茶室脇の根上がり松。すごーい。
あっ!伊達屋敷から持ってきたという巨石を見るのを忘れました・・・

その後は新潟カトリック教会を見て空艸舎さんのイベントへ。
会場自体が広くはないものの大盛況!大混雑!
びっくりしました。
和の空間で2日間だけの本屋さん。テーマにそった本屋さん。
いいですね、これ。

座談会を見る友人と別れて、写真撮ったりなんかして古町や本町をふらふら歩く。
091011
結局駅まで歩いちゃって、今日もたくさん歩きました。健脚。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。