福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとは「鉄道の町・新津」

te-tu
新津美術館へ行ったらこんな写真集が売っていました。
これなら私と父と二人で楽しめるなぁと買って来ました。

新津駅の移り変わりを、SLが走っていた時代、復活SL(現・ばんえつ物語号)、旧駅舎と新駅舎、車両製作所などのテーマでたどっています。
昭和レトロな写真がもっとあったらより良かったけれど、不思議と平成の写真もレトロに見えるんですよねぇ。
駅にはそんな雰囲気があるんでしょうか。
新津が「鉄道の町」として活気があった頃の写真は国鉄OBから掘り出せばいくらでも出て来ると思うんです。
祖父の写真でも現場で撮ったものがあった記憶があります。
それでも素人のスナップ写真と、意識して写真を撮っている人のものでは確実に違いますね。
‘レトロ’はカメラマンの佐々木さんの持ち味なのかもしれません。

マニアックかもなネタですが、‘ムーミン’ことEF55が写っていてラッキーな気分です。
高崎の‘ムーミン’も今年とうとう引退しましたからね。
鉄博にいるんでしたっけね。

amazon等ではもう販売されてないようです。
新潟日報事業社の発行ですが、もしかしたら版を重ねてないのかもしれません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/691-dcb71e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。