福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西区DEアート

新潟市内では「水と土の芸術祭」に負けてないアートイベントがあることをご存知ですか?
それが新潟大学の学生による「西区DEアート」です。
「うちのDEアート」として始まったこのイベント、市町村合併の際に名称を変えたようです。
今日は、このプロジェクトが今年で10年を迎えるにあたって、その歩みを振り返る展示をしているということで、新潟大学旭町学術資料展示館へ行ってきました。
090827g
途中、「しょうこん坂」という場所を通ります。
この辺りは西大畑地区から続く高級住宅街なので、洋館風建築もちらほら。
近所には新津記念館もあります。
松の古木も多く、新潟市が指定した保存木も見かけます。
090827h
以前も記事にしましたが、この資料館は1929年に建築されたもので国の登録有形文化財に指定されています。
コンパクトながら新潟市内では最古級の鉄筋コンクリート造の建築物です。

さて、西区DEアートの展示ですが、パネルと冊子資料だけの展示でした。
10年前から大学近郊の内野町で地元住民とともに作り上げてきたプロジェクトです。
アートを媒体として人と人とが繋がり、共につくるというコンセプトの元、地域とアートの共生による可能性を追求をしてきました。
次第にその輪が広がり、近年は学生と住民のみならず国内外のアーティストが参加するイベントになりました。
私は最初の頃に見たきりですが、予算は少ないはずなのに写真を見る分にはなかなか立派なイベントに育った印象です。
住民の積極的な協力体制も確立され、こうした実績をどうして「水と土の芸術祭」は生かさないんだろうなぁと思ったり。
お金をかければいいというものじゃないですよね。
今年は「水と土の芸術祭」協賛企画があるようですが。

ところで今年は題名に「final」と入ってます。
ファイナルって・・・気になります。


西区DEアート2009 final~はじまりの場所から~
9月26日(土)~10月11日(日)
http://niigata-u-art.sakura.ne.jp/nishiku/

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/685-5cdbb5d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。