福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮島 Floating Isand(#20)

今日は用事の合間に‘しなのがわさがん’へ。
‘さがん’とは萬代橋から下流側の川岸のことで、橋から海の方へ向いて左岸です。

左岸にも前に書いた#19(前回は右岸の萬代橋の上流側橋詰の辺り)があります。
船着場のあたりです。
対岸より長さがあって、デザインも少し違います。
そしてこんな椅子があって。
090817a
これ一つだけ、他の椅子より大きいのです。
制作した学生の遊び心?


さらに下流に向かって歩いて、ちょうど朱鷺メッセの真向いあたりに来ると#20の浮島があります。
これは街の真ん中を流れる川の上に島を作り、都市に隣接した島で日常生活をし都市と対峙することで「都市に対して、いまどうあるべきか」という日常そのものを再知覚させるというコンセプト。
船の上に、家、灯台、集会所、畑など必要なものを設置し、島の上には「島民」と呼ばれるメンバーが数人滞在します。
090817b
残念ながら今日は島民が不在。
上陸もできませんでした。
設置してあった日記によると明日には島民が帰ってくるそうです。
090817c
090817d

浮島は8月3031日で公開終了です。
こんなところにこんな場所が!?という不思議空間、ぜひ見に行ってほしいです。
私も、島民がいるときにもう一度。


実は#19と#20の作品、水と土の芸術祭に先駆けて始まった「新潟みなと水遊記」というイベントと連動しています。
ところが、それについて「みずつち」サイドから情報がありません。
「みずつち」公式サイトでは一切説明されていない作品タイトル・コンセプト・設置場所が「水遊記」公式サイトでは丁寧に情報が公開されています。
浮島は8月3031日で終了します。
私はサポーター登録していてメールで情報が入るので知っていましたが、知らない人も多いと思います。

「大地の芸術祭」の公式サイトを見ても情報はぜんぜん完璧ではなくて、公式ガイドブックやマップを駆使して皆さん周るようなので、初めての開催である「みずつち」が常に後手な感じは仕方ないにしても、見たい人に情報が届いてないかもと思うと歯がゆい感じも。
一方で、情報収集しながら宝探しのように自力で作品を探すのも楽しみの一つなのかなーという気もします。

ようやくガイドマップができたとのこと。
前から美術館等に置いてあった無料のパンフレットは全作品が載っていないし、それを見ても場所がさっぱりわからないので、‘完全’と自称するマップは良い出来であることを祈りましょう。
屋内施設で100円で販売しているそうです。

まだまだ先は長いです。
私にできることは何だろう?
近々、亀田に行く用があるので、みずっちたんくに寄って朝顔見て情報収集してきます!

コメント

Re: タイトルなし

☆えみこさん
美術館は暑いときに、屋外は涼しくなってから、と思いつつ私もなかなか行けません。
例のカビが生えた作品、早く見たいな~。

妹が新津美術館へ行ったようです。
なかなかよかった~との感想。
新津の方は第一期が9月13日までなので、それまでに行く予定です。

それと明日みずっちたんくに行ってきます。
朝顔が見たいので開門時間を目指します。
また写真&感想を書きますね!

  • 2009/08/19(水) 22:02:32 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

今日、市美術館の作品をやっと見てきました。
どれも素晴らしくてたくさんの方に見ていただきたいと思いました!
その思いと裏腹になかなか事務局ではPR不足が否めないようですね。
私もブログなどでささやかながら大いにPRしていきたいと思います!
みずっちたんくの朝顔情報よろしくお願いします!!

  • 2009/08/19(水) 19:15:10 |
  • URL |
  • えみこ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/676-9a24f4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。