福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「似顔絵切り絵」屋さんに思う

昨日、LOFTで「似顔絵切り絵」の店が出てました。
若そうな女性が作家さんです。
エスカレーターを降りながらチラリと見ただけですが、即興で絵を描くことができるのはスゴイなぁと思いました。



万代は「クリケット」というフリマ形式の若手アーティストの作品や手作り作品を販売するイベントがあったり、街を行き交う人々の年齢層が若いことも手伝って、本格的にお店を出すところまでは行ってない人が機会を持てるような土壌が育ちつつあるのかもしれません。

上古町商店街には若い経営者さんが増えました。
センスのいいお店も多く、街の雰囲気にもマッチして、意外と入れ代わりがないようです。
ローサにもチャレンジショップがあったけど、今はもうなくなったかな。
あそこから飛び立ってお店を持った人もいたけれど、そこまでやるというのは実際難しい。
お店を持っても、それを維持することが一番大変なのだと思います。



ただ、商売や創作の発表の場にはいろんな形があっていい。
LOFTの切り絵屋さんや移動カフェの女性を見るとそんなふうに思うのです。
既成概念にとらわれず自由な発想をおもしろがる、応援する、そんな気風がもっと新潟に育ってほしい。
ゆうべは笑顔の切り絵が並ぶ小さなお店を思い出しながら、そんなことを考えていました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/671-d7aadedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。