福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポート1日目

今日明日と連休なので市美術館へ作家さんの制作お手伝いに行ってきました。

先週土曜日に下見を兼ねて美術館に行ったところ、今回お手伝いさせていただく山口啓介さんは、3年前の「大地の芸術祭」で旧三ツ山小学校で「光の庭」を展示した作家さんだと気がつきました。
すばらしかったんです、その作品!
そのすばらしさを写真に写し撮ることができなくて途中で断念したのでこんな写真しかありませんが。
光の庭
先日申し込みをした際に美術館の人が、プラントが云々おっしゃってて「ぷらんと?」って思ったけど、これ「カセットプラント」と呼ばれてたことを思い出しました。
カセットテープのケースに樹脂を流し込んでドライフラワーを固めたものでした。


山口さんに挨拶したとき光の庭の話をしたら「あれは大変だったんだよ」とおっしゃってました。
「今回もまた大変なのになっちゃって」という今回の作品はまだまだ全容はわかりませんが、巨大な地図のようなものを作っています。
どうやら水の流れに関わるもののようですが。
今日はその一部分を切り貼りのお手伝い。
この一部分が最終的にどんな姿になるのか今から楽しみです。
山口さんの奥様もとっても素敵な方でした。


サポーター登録の回りくどさや、私がメールアドレスを間違えたことが原因で、わざわざサポーターさんからお電話をいただいたりしましたが、こうして仕事や地域に関係なく知らないひとと関わりあうことも久しぶりなので新鮮です。
このイベントに関する悪い評判やマイナス意見もあり、確かに大人の事情がいろいろあるのもわかります。
誰がどう見ても「大地の芸術祭」の二番煎じ。
関心が低くかろうがなんだろうが間もなく始まるわけで、せっかくだから楽しみたいし、お手伝いできることはしたいと思います。


コメント

Re: あぁ!

ジローさん、そうなのですよ。
あのときのジローさんの記事も見てみたけど作家さんの名前は書いてなくて、私もあの時はさっぱり記録を残してなかったので名前だけではわかりませんでした。
「サポート2日目」の記事を書き足しました。
ゆっくりお話する時間はなかったけれど、作品に関する先生の言葉が微笑ましく。

酒百さんという作家さんのお手伝いもなんとかさせていただそうです。
(市役所の対応があやしくて不安なのですが)
私は人とつながることを求めながら、どこかでこわがったり、避けたりするところがあるので、知らない土地でたくさんの人と出会いワークショップを通じて作品を作り上げていく酒百さんの活動には興味があります。
サポーター活動に情熱を燃やすタイプの人に対しても微かに苦手意識がある一方で、そのバイタリティやコミュニケーション能力がうらやましいんだよなぁ。
嫉妬してるのかもしれません。

  • 2009/06/26(金) 22:08:10 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

あぁ!

そうだったんですね。
同じ作家さんかどうかは、名前見てもピンと来ないことも多く、正直、現場で見ないと分からない(汗)

次の記事に↓の文章がありますが、表現て自己満足から始まって、それが他人と何か共有できるかどうかなのかなぁと思います。
> それでもアートって芸術家の自己満足だよな、と思うときもありますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/648-1467cda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。