福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッペリ坂

20080505144903

「フランス・ナント市アーティスト絵画展」を観に砂丘館へ。

このあたりは新潟の山の手。
かつては、町屋が並んだ旧市街から海の方へ坂を登っていくと洋風の建築物が立ち並ぶハイカラな住宅街が展開していた。
ワルツ坂、シベリア坂、ドッペリ坂、異人池など、当時の雰囲気を伝える地名も伝わっている。
今はない異人池の向こうにカトリック教会の尖塔が見える光景は、現代人にとっても異国情緒漂う憧れの景色である。
080505a
ドッペリ坂。もう坂ではないけれど、この辺りはやっぱり雰囲気がよくて大好き。
住めるものならこの辺りに住んでみたい。
080505b
砂丘館の近所の洋風建築。
今日いただいてきたタウンマップ「異人池・ドッペリ坂界隈」には数多くの歴史的建造物が紹介され、詳細はないものの個人宅で古い建築物の所在地が地図にはたくさん描かれている。
これもその一つ。
見た感じ、昭和の早いころのものかな。
マップには大きくは和風様式、洋風様式、洋館付住宅の分類がされていて、主要なものを廻るコースも設定となかなか見ごたえあり。
古い建物が好きな人、西大畑好きな人にはもってこいのマップだろう。

コメント

のんきおきらくさん、はじめまして

のんきおきらくさんが新潟の方なのかはわかりませんが、新潟の風景を懐かしんでいただけるのは嬉しいことです。
新潟市の中心部は万代島とその対岸がずいぶん変わりましたが、ドッペリ坂周辺は変化が少ないと思います。
周りがどんどん変わっても、「ああ、ここは変わらないなぁ」とほっとできる場所はいつまでも残ってほしいですね。

  • 2008/05/10(土) 00:04:12 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

迷い込んでしまいました。
学生の頃の懐かしい風景です。
ありがとうございました<(_ _)>

  • 2008/05/09(金) 20:39:07 |
  • URL |
  • のんきおきらく #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/469-f6360b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。