福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町歩きの楽しみ

自然の中を歩くのも楽しいが、町を歩くのも楽しいもの。
車社会の世の中で、歩くからこそ発見できるものも多い。
私の場合、タウンマップを大いに活用している。

昨年、弥彦に行ったときに参考にしたのは、新潟日報の付録「新潟を歩こう。」。
新潟県内各地をピックアップして距離と所要時間を割り出した散策コースを提案している。
また参考にしてどこかへ出かけてみたいと思っている。

ローカル情報誌「キャレル」5月号では「休日的まちあるき。」と題した特集が組まれていた。
今回は水原と加茂。
JR駅前から伸びる商店街をイラストと写真で紹介。
いわば、隣町の商店街なわけだから、普通ならわざわざ行くことはない。
それが雑誌で紹介されるだけで、興味が湧いてくるのだからおもしろい。
こういう特集ならシリーズ化もアリでしょう。

新潟市内も古町地区を中心にタウンマップが多数存在している。
寺町、レンタサイクル、古町五~九番町、ギャラリー、町屋などなど、バラエティはいくらでもある。
私は「にいがた町屋マップ」と「カミフルチャンネル」を愛用。
そして本日、うっかり忘れていた「新潟の町 小路めぐり」をようやく入手。
ひとつひとつの小路の名前の由来から、その魅力、さらには新潟の町の歴史まで詰め込まれた、このマップはイラストと写真が下町の雰囲気をうまく伝えていて、本当によい出来。
「本町通界隈編」とあるから続編も作られるのかもしれない。
期待して待とう。

コメント

目的とテーマ

私も長岡あたりだと展覧会のような目的がないとなかなか行かないですよ。
いつもバスに乗りながら「今度こそ長岡の町を歩こう」と思うんだけど、なかなかね。
遠出となると何か目的がないと後回しになりがちですよね。
近いところだと何度も行けるので、目的というより、その時その時でテーマを持って歩いているような感じです。
そういうときにタウンマップがあるといろんな視点を持てて便利なんです。

  • 2008/05/01(木) 00:22:13 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

小路めぐり

「新潟の町 小路めぐり」新聞やテレビで見ました。
手に取ってみたくなりました。

新潟って、何か観たい美術展があるときに数年に1回ペースくらいしか行かないけれど、町歩きを目的に行くのもいいかもしれないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/467-632b8133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。