福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館 浮世絵名品展

ボストン美術館
昨日は新潟市美術館へ「ボストン美術館 浮世絵名品展」を観に行った。
新潟では幅広い時代・絵師を網羅した企画展は滅多にないので、なかなか嬉しい企画。
評判通りボストン美術館の浮世絵は保存状態がすばらしく、日本人が浮世絵の価値に気づく以前から美術品として高く評価していたことがうかがわれる。
今回は鈴木春信が多かったことが興味深かった。
図版でも見たことがないものがあったし、「空摺」や「きめ出し」といった立体的に見せる技法を生で観れたことに感動。
和紙の柔かい質感あってこそのワザなのだろうけれど、春信の繊細な画風にぴったりと合っている。
広重の下絵もおもしろかった。
墨の線だけで見ると構図の確かさが際立って、風景画家としての広重の技量をあらためて思い知らされた。
数点ながら肉筆画が展示されたのもよかった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/460-3f116f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。