福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIO


ホーリー・ダイヴァー・ライヴ


ロックを知るにつれ、ロックはやっぱり若者文化だなぁと思わされることが多い。
そもそもロックの歴史はまだ浅く、先駆者たちも今でこそオジサンだけど最初はもちろん若者だったわけで。
おまけに最初は男性文化でもあったし。

数十年前のオジサンロッカーの全盛期の音源を自由に見たり聴いたりできる幸福な現代の若者たちは、オジサンたちが血気盛んだった時代を評価する。
若さというものはやぱり激しさやスピード感を求めるのだろう。
私なんかはもう若くないので、がむしゃらに突っ走って破綻寸前のところでバランスを保っているようなスリリングな演奏はもちろん興奮するけれど、バランスがとれていて安定したプロフェッショナルな演奏も心に響くことが多い。

前置きが長くなったけれど、このDIOのライブ映像を見た第一印象は「これぞベテランの味!」だった。
ロニー・ジェイムス・ディオを知ったのはRAINBOWでこれは物凄く好きなのに、BLACK・SABBATHやDIOはなかなか馴染めなかった。
後回しにして、いろんな音を聴いているうちに耳が変わってきたのか、ある時YouTubeで見たDIOの「HEAVEN&HELL」にとにかく感動。こんなにいい曲だったのか目からウロコ。
それをきっかけにどの曲も好きになってきた。
このときの「HEAVEN&HELL」は毎日飽きずに見ているくらい好きで、元になっているDVDの存在を知ってからは他の曲も見たくなり、とうとうDVDを買ってしまった。

メンバーは当時63歳のロニーを筆頭にメンバーは40代から50代のキャリアのある人ばかり。
ロニーはさすがに若いころほどキレはなくなったようには思えるが、その迫力ある歌唱力は衰えを知らない。
長年歌い込みその体に染み付いた曲の数々はとても丁寧に歌われ、聴く人の心に確実に届くものがある。
もちろん熱い気持は昔も今も変わらないのだろう。しかし、盛り上がりどころも長年変わってないわけで、観客の反応やメンバーのプレイに気を配りながらうまくショーをまとめている。
演奏陣も心得たもので出すぎることなく個性を発揮していて非常にバランスがよい。
終盤は特に観客とステージとの一体感がなんともうらやましいくらい。
MCは少なく演奏は次々と休むことなく続き、ロニーと同じくらいの年齢の父を持つ私は少し心配しつつも、ロニーの強靭な精神力に尚も感動する。
体力も必要だが、集中力が続かなければ連日のライブを続けることはできない。
それにあのロニーワールドは他の誰にも真似できないものね。続けることのすばらしさを感じる。
それにしても年長組のロニーとベースのルディの元気なこと。
ルディってなんて楽しそうにプレイする人なんだろう。
気持よさそうなプレイに見ている方も気持ちよくなってくる。
こんなライブDVDを見てしまうと来日したらぜひ生で!と思ってしまう。
ロニーが現役のうちに生の声が聴きたい!
ここ3年は毎年来ているので今年も来るようならオバサン頑張ってしまうかも(汗)

余談・・・
このDVDは正メンバーのギタリストが故障で途中離脱、元メンバー(元・ホワイトスネイク)のダグ・アルドリッチが急遽加わった中で撮られたわけで。
すげー巧いギタリストなんでびっくりしていろいろ調べたら、なかなか人気のある人なのね。
若めのアーティストは知識不足なのでいい人知りました。
このDVD、実はダグだから買いました。
正メンバーのクレイグはあまりギターに魅力感じないし、「ロッカーなら痩せろ!ルディとダグ見習って鍛えろ!!」って言いたくなるくらいゆるんでるし、とても2時間以上クリアな映像を見続けられません。
ダグはビジュアルもGOODでした(笑)
あ、ドラムのサイモンもガッチリというより丸っこい感じがするけどね。
でも、いいドラミングするから許す(←何様?)

私はベースのルディ・サーゾの大大大大・・・(笑)ファンでして。
この方は若いときからもちろんかっこよかったのだけど、今の方が断然かっこいい!!!とオヤジ好きの私はゾッコンです。
オヤジっつっても、年齢間違ってないか?ってくらい、ものすごく若々しいのですが。
表現者としても優れているし、なんといってもセクシー。
DIO大好きなので、ロニーが引退するまで(引退しないでほしいけど)ずーっとDIOにいてほしいなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/457-b340f3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。