福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ブルーベリー・ナイツ

午後から映画へ。
映画館で、それもシネコンで映画を観るのはかなり久しぶり。
改装されている箇所もあって戸惑った。
今日観たのは「マイ・ブルーベリー・ナイツ」。
香港が生んだ名監督、ウォン・カーウァイの初の英語作品。
俳優が全員、欧米人というのも初。
アジア人が出演してなくても、カメラマンが違っても、やっぱりウォン監督独特の世界は健在。
予算も制作期間も抑えて作られたというが、中身の濃さや映像美は過去の作品に引けをとらない。
俳優たちの演技もすばらしい。
ブルーベリーパイ、手巻きタバコ、鍵といった小物が生かされているのも、いつもながらうまい手法。
今回はあまり際どさがなさそうでいて、ブルーベリーパイに溶けかかるバニラアイスクリームの映像なんて何か意味深。

ただ、何だろう?
どこか物足りなさが残る。
まず、音楽。
この監督の選ぶ音楽はいつも物語のムードを高めるのに非常に効果的で、耳に残るものが多いのだけど、今回は印象に残るものないのが残念。
それと、ストーリー。
意外に普通?
いつもの胸がきゅーんと切なくなるようなシーンがなかった。
結末のせいかな?余韻がないような。
それにやっぱりアジア人(中国人)の俳優の方が私は入り込める(キムタクはどうもダメだった)。
いい映画ではあるけれど、DVDを買って繰り返し観たいほどではないかも。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/453-1e98fd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。