福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本


奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の図譜 (ちくま学芸文庫)
こんなおもしろい本の存在を今まで知らなかったなんて!!
初版は1970年と40年近く昔だが、今読んでも古臭さはまったく感じられないし、新鮮だ。
私が大好きな曾我蕭白、伊藤若冲を含む6人の画家について書かれたものだが、いずれもかつてはその個性ゆえに異端視され評価が低い画家であった。
作者はこれらの画家に共通する特徴を「奇想」という言葉で定義して高く評価をしている。
「奇想」とは奇矯(エキセントリック)で幻想的(ファンタスティック)なイメージの表出、と本書では表現されている。
従来の江戸絵画史、近世絵画史に風穴をあけるべく、そして作者の愛する画家たちをもっとたくさんの人に知ってほしいという意気込みが「奇想の系譜」には感じられる。

姉妹編の「奇想の図譜」になると、もっと広い観点から語られている。
「系譜」のあとがきで既にこの予兆はあったのだが、個々の画家や江戸時代から離れ、日本美術史全般にわたって「奇想」という表現を発見しているのだ。
あらたに「あそび」「かざり」といったキーワードを元に日本美術の精神性から日本人の美意識にまで言及している。
参考文献を見てもあきらかだが、このテーマは日本中世史、近世史、そして民俗学からのアプローチも可能で、現在どの程度まで研究が進んでいるのかはわからないが、とても興味のある分野だ。

本書をおもしろくした最大の要因は図版が多いことである。
残念ながらほとんど白黒写真なのだが、巻頭にカラー図版が数点ある。
最初にページを開くと半裸の女性が胸から血を流して息も絶え絶えの絵がいきなり目に飛び込んでくる。このインパクトに中身への期待感が一気に高くなる。
「図譜」は学術的になってしまい少々とっつきにくいが、「系譜」は傑作。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/438-1492aa37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。