福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥彦

結局、昨日は弥彦へ。
急に肌寒くなって何を着ようかずいぶん迷う。
新潟駅で発車前のSLに近づいたら温かくてホッとした。そんな寒さ。

弥彦はじっくりと行くのはこれが初めて。
JRで弥彦に行くのは二回目くらい。
前回は子供の頃だから記憶もほどんどない。
実質初めてみたいなもの。
車でいつもくぐる赤い大鳥居を横に見ながら駅に到着。
弥彦駅
そっかー、こんな駅なんだよね、とあらためて思う。
駅前は閉鎖したホテルに、パッとしない商店。
人も車も少なくて「もしかして混んでる?」なんて心配は取り越し苦労になりそう。

左手にすぐ見える弥彦公園へ。
ここも人があまりいない。土曜の午前中なんてこんなものかもしれない。
新潟は自然が多いせいか、あまりいい公園がないけれど、この公園はなかなかいい!
いかにも神社の外苑らしく緑が豊かで、よく整備されている。
ゴミも全然ない(ゴミ箱も)。
奥へ進むともみじ谷。
さすがに紅葉はまだだけど、やわらかい緑色が日を透かしてなんとも美しい。
ぜんぜん人がいないけど、紅葉が始まったら賑わうんだろうな。
もみじ谷
観月橋の赤にもみじを見立てて。
もみじ谷トンネル
このトンネルを抜けると桜並木、そして通りに出ます。中はちょっとコワイ。

外苑坂通り、神社通りと進み、聖人坂を登ると寺小路。
その近くにあるのが「たこけやき」。
蛸の足のように枝を伸ばした欅の大木は迫力満点。
たこけやき
けやき坂を降りて神社通りに戻り、土産物屋をひやかしながら神社へ。

一の鳥居をくぐるとすぐ川が流れているのだけど、この川から神様専用橋である玉の橋のあたりの空気がえらく清浄(な気がした)。
観光化されててもやはり神域だけのことはあるのかな。
神橋を渡り、二の鳥居をくぐってと禊ぎをしている気分になりながら参道を進んでいくと、古いタイプのかっちょええ狛犬さんがいる随神門に到着。
(狛犬は好みじゃないので写真は割愛。頭に苔生えてました)
随神門から見る拝殿がものすごくいい!
弥彦神社
山をバックになんとも清々しく、美しい姿。
おやひこさまこと天香山命は天照大神のひ孫だそうだ。

参拝を済ませてあたりを散策。
鼓楼や摂末社を眺めて歩いていくと避けていた場所に出てしまう。
境内には鶏舎や鹿苑なんてものもある。
鶏がニガテな私は見つけてしまったものは仕方ないと一応遠巻きに鶏たちを見て周る。
いわゆるニワトリなのだけど天然記念物の特殊日本鶏なんだって。うう。
鹿はまぁまぁかわいい。人をこわがらず近寄ってくる。
しかしカメラが嫌いらしい。カメラを向けた途端視線を逸らし背を向けてしまう。
餌を与えるとこんな凄まじいことに・・・
鹿


お昼を食べてからは旧鈴木権宮司宅へ。
新聞に載ったためか、ここはなかなかの盛況ぶり。
岩倉具視が宿泊したというが思ったより小さい家。
移築したときに小さくなったのか?
その後、婆杉を見に行った。
「蛸と婆は外せない!」と気合を入れて行ったが、目指す宝光院は競輪場のもろ隣でびっくり。
神社と寺に挟まれている競輪場ってどうよ?
婆杉は思ったより細かったけどやはり年経た迫力がありよかった。
ただし、場所が悪い。周りは墓場なんだもん。
たった一人で墓や地蔵に囲まれて、それも雨上がりの薄暗く湿ったうっそうとした山の中で、びびりまくった私は写真を一枚も撮れませんでした(涙)

あまりに怖かったので、もう一度弥彦神社の境内を歩いて気持を落ち着かせ、神社前の「社彩庵ひらしお」で甘味を食べて気分転換。
成沢商店
帰り道。
名物?カレー豆の製造元・成沢商店の前を通る。
いい雰囲気のお店。

再び弥彦公園へ行き、電車の時間まで温泉まんじゅうを食べながら読書。
(弥彦は温泉地でもある)
公園は土曜の午後らしい賑わいに変わっていた。
まわりは子供だらけ。
タイムをとる中学校の陸上部らしき人たちも。
たくさん歩いた疲れも心地よく、しあわせな休日だなぁとほんわか気分。
また行きたいなぁ、弥彦。

コメント

ばっきーさん、こんばんは

はじめまして。
先日、行ったときもおでんありましたよ。
これからの季節、串刺しのおでんを頬張る人が増えるんだろうなぁ。
今日の新潟日報に写真が載ってましたが、紅葉の時期には夜間のライトアップもあるんですね。
行けるかどうかはわかりませんが、なんだかわくわくします。

  • 2007/10/03(水) 21:20:09 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

はじめまして

弥彦神社。懐かしいですね。
神社の脇の商店街のおでん。おいしかったな~。
秋はまた紅葉が美しいですよね。

  • 2007/10/03(水) 12:34:59 |
  • URL |
  • ばっきー #5vtx39R6
  • [ 編集 ]

弥彦よいとこ一度は追いで♪

なんて唄があるかどうかわかりませんが、なかなかよいところですなぁ。
私は好きです、ハイ。
いわゆる食堂がことごとく、いかにも食堂なところも田舎っぽくてよいのですが、あれじゃ観光客にはウケません。

ジローさん>
おお、小学校の修学旅行ですか。
ところ変われば修学旅行先も変わりますね。
私は会津若松でした。
電車の旅、いいですよね。
えちごワンデーパスで行く日帰り旅をいろいろ検討中。
秋は山ですよねぇ、やっぱり。

ぱせりさん>
ぱせりさんはよく弥彦に行くなぁという印象があったけど、そういうことなんですね。
小路や坂の名前があると(それもその土地に合った名前)雰囲気出ますよね。
あのへん、あれで競輪場がなければサイコウです。

  • 2007/10/01(月) 22:14:49 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

私の神様

弥彦には母方の祖母の家があり、
いろいろ縁があるので、よく行くのですが、
なんだかこんな風に紹介されると、知らないところもあったりして。
というか、道だの門だのの名前を知らないんだな(笑)
・・・ま、いいかw

  • 2007/10/01(月) 10:27:02 |
  • URL |
  • ぱせり #-
  • [ 編集 ]

良いですなぁ

お弥彦様、私は記憶がほとんどありません。
小学校の修学旅行で行ったはずなのだが。

なんか、良い雰囲気ですね。
SLも乗ってみたい。
電車の旅がしたくなりました。
日帰りでも、電車だと「旅」って感じがしていいですよねぇ。
たびー、たびしたいー。

  • 2007/10/01(月) 07:33:42 |
  • URL |
  • ジロー #uxP9udz.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/398-e94aee3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。