福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊國屋とジュンク

ラブラ万代に移転した紀伊國屋書店(以下・紀伊国屋)とジュンク堂書店(以下・ジュンク)をハシゴした感想第一弾。

激混みのラブラに行くことにしたのは紀伊国屋とともに引っ越したカツウラ化粧品にどうしても行く必要があったため。東京でもあるまいし、あんなに混雑している書店なんて、かつて新潟では見たことないよ~。
ラブラ自体は予算の関係か、以前の設備をそのまま使った部分もあるようで時々「ここはダイエー?」と錯覚を起こしそうになった。
紀伊国屋はさすがに完全に前と雰囲気が違う。有名な建築家が設計したという売り場はなかなか新鮮。人があまりにも多かったのでまだほとんど見ていないのだけどきれいだし、この騒ぎが収まればゆったりと本を選べそう。
照明はピカピカし過ぎかな。
棚の配置や品揃えはまた後日チェックしよう。
ただ、6階という場所は前より‘ついつい寄っちゃう’回数が減りそう。
とりあえず第一印象は「けっこうワクワクするかも」。

さてジュンク。
ゆうべニュースでジュンクを見た父が「図書館みたいだな」と言っていたけれど、まさにそんな感じ。
同じ姿の背の高い棚がはるか遠くまで並んでいる。
こちらも旧プラーカの建物を再利用したわけだが、ほかにテナントが入っているわけでもないので、ジュンクが使用するフロアを最小限リニューアルしたもの。時間がなかったのか、予算の関係か、それとも他に理由があるのかわからないけれど、本当に必要最小限だけ手を入れた無機質な感じ。
本が揃っているんだからそれでいいじゃないという人もいるだろうけれど、前の店の遺物的なものが結構目につくんだよなぁ。それに、あまりに広いのと棚の背が高いのとでけっこう本が探しにくい。
おまけに探している本がまったく置いてなかった!あんなに本があってもないものなのね。やっぱネットで買わないとかな。
それに駅から近いとはいっても私にとっては、わざわざ行かなければならない場所ではあるので時間と気持に余裕がないと足が向かなそう。
第一印象は「図書館の方が楽しいのはなぜ?」。

書店というのはあの店よりこちらの店の方が安い、というわけでもなし、どこかに特色か強みがあるべきなのだろうけど、足を運びやすいというのも大切だと思う。きっとこれからも一番利用する書店は駅の中に入っている書店だと思うし、古町周辺の既存店も今までと変わりなく使い分けるだろう。

そうそう。ジュンクで「ファッション・着物」というジャンルがあってニンマリ。着物関連のスペースがたっぷり。知ってる本ばかりではあったけれど最近では見かけなくなった本があるのはいいね。
下の方の棚を見るのに体をかがめていたら頭に本を落とされた。
棚が高いとこんなこともあるのだな。

コメント

オードリーさん

おー、行きましたか。
やっぱり休日は人酔いするくらい混んでるんだねぇ。
私は自分の好きなジャンルの棚だけはチェックしてきたけれど、着物本の品揃えはジュンクの勝ち。
アート系は紀伊国屋の方が好みに合ってました。
新潟市内は秋に大きな図書館ができるので、いろいろと使い分けしながら読書を楽しめそうです。

  • 2007/03/23(金) 22:56:26 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

行ってきました!紀伊国屋

とは言っても、人に酔ってしまい、
一回りをしただけで、ダウンしてしまいました。
着物のコーナーも見てないかも。
落ち着いたら、もう一度ゆっくり行きたいです。

  • 2007/03/22(木) 14:14:45 |
  • URL |
  • オードリー #-
  • [ 編集 ]

第二弾行って来ました

紀伊國屋、ふたたび行って来たよ。
やっぱり本が探しやすい。いざとなると「キノナビ」もあるし。
検索システム、ジュンクの方もあるのかな?
たしかに子供、お年寄りに対する配慮はないね。
お年寄り、目にも身体にもキツいでしょ、あの棚は。
しかし、200万冊って、今度できる中央図書館より蔵書が多いかも。
撤退されないように、うまく使い分けなくちゃ(笑)

  • 2007/03/13(火) 21:39:12 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

紀伊国屋。

ワタシも紀伊国屋に軍配が上がりました。

ジュンク堂楽しみにしていたのになぁぁ。期待はずれ。
ジュンク堂の、あの“本に囲まれちゃってます”というような
店内の雰囲気はダイスキ。うっとりしちゃいます。
が、児童書コーナーまであの高さの書架ぢゃぁ・・・・。
こどもに本を選んでもらおうとする気配りがかけらも感じられない(怒!!!)

ラブラはロフトと紀伊国屋をも一度じっくりみたいですな。
他フロアーは足が向かないかも。

  • 2007/03/13(火) 15:51:00 |
  • URL |
  • おがわ。 #-
  • [ 編集 ]

たしかに

どちらも車だと「ふらり」という感覚にはならないかもしれない。
私は逆に車に乗らないので郊外の書店には行ったことがなくて、都心型のこういう書店が増えるのはうれしいのです。

最近はとにかく時間がないので、じっくり本を探すというのが難しい。
なので一度ネットで探してから書店に行くことが多いかな。
ネットで買った方が安いのだけど、どうも書店で買ってしまいます。

  • 2007/03/09(金) 21:21:49 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

気になるけど。

まだ行ってないです。
どちらも本好きにはたまらないような気もするけど、
欲しい本の有りかを探すのに、苦労しそう。
でも、それが楽しい部分もあるのだけど。。。
どうも車で行動する私には、行きづらいかも。

  • 2007/03/09(金) 16:40:21 |
  • URL |
  • オードリー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/322-bc71b7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。