福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞・直木賞

近年、芥川賞と直木賞が軽く感じられて仕方がない。
作家には悪いけれど、プロが選び、マスコミが囃したてる賞に受賞したからといって読む気はしないし、読んだとしても良作と思えないものも多い。
年に二回はやめて一回にしてほしい。
それに該当者なし、という回がもっとあってもいいのでは。
次々と生まれる芥川・直木賞作家をいちいち覚えてはいないし、受賞作の質さえ疑いたくなる。

そもそも本は自分の目と足を使い、時にはヒラメキを頼りに選ぶのが楽しいのだ。
もちろん書評や雑誌・新聞広告も参考にする。
だが今の時代、インターネットで個人の本好きから得られる情報の方が豊かだ。
‘芥川賞作家’と帯に書かれた本を見ても出版社の押し付けにしか感じない。
賞頼みの大手出版社の売り方は書籍の売上が落ちている現状に合っていない気がする。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/262-91dcc1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。