福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んでいた本


ダ・ヴィンチ・コード(上)
流行りモノには手を出さない主義ながらこれだけは読んでみたくて文庫化を待っていたのに、すっかり忘れていて、映画公開前に慌てて読んだ。
翻訳ものはどうも相性が悪いことが多く、今までに読まなければよかったと後悔した本がいくつもあるけれど、これは何の違和感もなくサクサク読み進んだ。
3日あれば上中下読めそうな勢いだったので、もったいなくてわざと読むのを我慢して日数を稼いだくらい。
つまりは普通におもしろかったということ。
ファーシュ警部の心理をもっと詳しく書いてほしかったという不満はわずかに残った。
映画の方は配役に不満があるので観なくていいな。

個人的には小説や映画に対するカトリックの反応が興味深い。
映画公開直前に、カトリック信者がSONY製品の不買運動をしているという新聞記事で物語の核心に触れる内容が書かれていたのにはむかついた。
小説を読み始めたばかりだったのに。
これから映画を観ようと思っていた人たち(原作を読んでいない人たち)の中で、あっこれって秘密の一部なんじゃない?と気がついてガッカリした人もいたと思う。
直前に放映された某民放局の番組もしかり。
そうとわかっていて、この番組をしっかり見てしまった私も私だけど。

コメント

やっぱり端折ってるんですね

本を先に読んでしまうと映画の方は物足りないから本は後で読んだほうがいいよ、という意見も知り合いからいただきました。
人それぞれなのかな。

原作は確かにおもしろい!
私はキリスト教は歴史の中では苦手分野なのだけど、絵画がらみだったので楽しみながら読めました。
宗教って日本人の生活になじみがないから理解しにくい面はあるけれど、政治を動かすために宗教を利用するというのはどの世界でも同じだなーと思いました。日本の蘇我馬子なんかそうだものね。

  • 2006/05/31(水) 21:53:17 |
  • URL |
  • さるる #-
  • [ 編集 ]

映画

公開初日に字幕で見てきました。
映画は端折ってあるし、登場人物の背景にあるものなど細々したものは本でないとわかりませんね。
ちょっと本と変えてあったところもありました。
娘は本を読まずに見たため???になっていました。
もし、見るとしたら、本を先に読むことをお勧めします。(結末がわかって嫌な方は、途中まで読むとか・・上中だけとかw)

本としては面白かったですよね。
歴史が大好きなこともありのめり込んで読んでいました。
どこまでが事実なのか、途中わからなくなちゃったり笑
巷で色々出ているダビンチの秘密本などを買おうか迷っているところですw

  • 2006/05/30(火) 09:57:38 |
  • URL |
  • みゆみゆ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/245-6283c5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。