福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾崎灯台の思い出

『田舎に泊まろう』の「『喜びも悲しみも幾年月』の灯台のある田舎に泊まりたい」なんてのを見ていたら、子供のころ大好きだった弾崎の灯台を思い出した。

実は子供のころ『喜びも悲しみも幾年月』が大好きだった。
今でもあの有名な曲がなんの前触れもなく頭に鳴り響くことがあるくらい。
そして、はじめての佐渡旅行で海水浴した場所が弾崎灯台の近くで、真っ白な灯台の美しさに子供心にうっとりしたことを覚えている。
そのときはそこがロケ場所とは知らなかったが、後日『喜びも悲しみも幾年月』の灯台だと知った。
その瞬間からたった一度見たきりの灯台が私の中でかなり美化されている。
さらに後日、市展で灯台の油絵が出展されていて、一目で「あの灯台だ!」とわかった。
二十年以上たった今でも、その絵とそのときのうれしさは忘れられない。
あの絵の冬枯れた風景が今でも私の灯台のイメージだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/137-36c97b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。