福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年

中越地震から一年。
今日は夕方からずっと特集番組を見ていた。

この一年ずっと感じていたこと。
どんなにマスコミが報じようと、被災した人でなければ「現実」とはなかなか感じられないということ。
すぐ隣町で働いている妹ですら、今でも地震の影響はあるだろうに、すっかり元の生活に戻り、余震にも慣れている様子。
自分の生活が守られていれば、周囲に家を失った人がいようと心が痛むことがあっても何かしようとは思わない。
実際助け合っているのは被災した人同士、という現実。
マスコミも伝えっぱなし。伝えてるうちはマシ。
いつかは伝えることすらしなくなる。
私も同じ。他人事。妹が無事の時点で終わってる。
我が家は地震対策もしていない。
父なんか新潟地震も経験してるのに。
海の向こうのことならなおさら興味はすぐ失われる。
喉元過ぎれば熱さ忘れる。人ってこんなもん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamame.blog10.fc2.com/tb.php/125-69e91310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。