福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の手帳



来年もペンギン・ダイアリー。

持ってるだけで満足タイプの私は本格的手帳よりアソビのあるものの方がまだ使うみたい。
今回も2冊買って妹にプレゼント。

ペンギングッズは秋の商品が出揃っていて、ついでにペンギンの喜怒哀楽顔&足跡模様のスタンプセットを購入。
さらなる手帳使いこなしを目指して。


スポンサーサイト

KENNETH ANGER

何年も前から気になっていた監督作品をとうとう入手した。

ケネス・アンガー、実験映画の巨匠・・・なんだそうだ。
実験映画ってよくわからないけど、言葉の通り実験的な表現方法で作られた映画なんだろうね。
アングラとか前衛的ってやつですか。
短時間の作品というイメージがある。
アンガー氏の作品も長くて38分ほど。
なのでコンセプトはあってもストーリーはあるようなないような作品も多いようだ。

アンガー氏は1927年(1930年説もあり)生まれのアメリカ人で現在も現役の様子。
Wiki等によれば9歳から映画を撮り出し、現存する最古の映画は17歳の時に撮影された「Fireworks(邦題:「花火」)」。
作品はアンガー氏自らが焼き捨てたものも含め多くが消失している。
魔術師と呼ばれる神秘主義者(トートタロットで有名)のアレイスター・クロウリーの信奉者で、オカルト色の強い作品が多い。

mlc
さて、実験映画となるとやはり一般的ではなくDVDも輸入盤ばかり。
この人の作品の場合バックミュージックだけで台詞はないのでその点問題なしと思ったら、Amazonで取り扱いのあるものはリージョン1のみ。
なんとかUK盤を見つけたがブルーレイだった。
一瞬焦ったものの家族がPS3を持っていたことを思い出し購入。
なかなかPS3を借りることができず半月も寝かしていた。

「Magick Lantern Cycle」。
内容はここに詳しく紹介されている。
今は動画サイトでも作品の一部を見ることができるので主要な作品はすでに見ていたものの、アンガー作品は映像の美しさが秀逸。
大きな画面で見るに越したことはない。
とにかく優美。とにかく意味がわからない(笑)
サイケデリックともいえる鮮やかな色彩が踊る「Inauguration of the Pleasure Dome(快楽殿の創造)」はわからないながらも目が離せない。
月に憧れ天に向かって必死に手を伸ばすピエロが微笑ましい「Rabbit's Moon」もお気に入り。

初。

初めて乳がん検診を受けてきました。
痛い痛いとは聞いていたけど、ホント痛かったよ~。
今も違和感があるくらい。

ある程度の年齢になって健康を保ちたいと思ったら定期的な検診&自己管理が必要。
その点ついつい‘まだ若い’と思いがち。
自己管理の甘い私に指導してくださった保健婦さんはこわかった・・・
すみません。がんばります。

SARAH MOON

日本でも人気のあるフランス人の女性写真家、サラ・ムーン
もう70歳くらいの方で長年ファッション誌を中心に広く活躍されています。
sarah moon
焦点をずらしたような、ぼかしたような、撮り方によるものなのかプリントによるものなのか技術的なことはわかりませんが、ぼやっとした感じが女性の輪郭のあわあわとした美しさを表していてまるで絵画のよう。
色彩感覚もすばらしく青・緑・黄・赤・紫といったインパクトのある色の組み合わせが特に印象に残ります。

特に好きなのはモノクロ写真。銀塩プリント?
セピアだったりモノクロだったりの縁取りのある古い写真風の作品の暗さや曖昧さが、現代のハッキリ、クッキリとしたデジタル画像にはない魅力です。
凝りに凝ったプリントは完全にアート。
日本でも展覧会が開催されたことがあるようですが、一度は生で観てみたい写真家の一人です。

写真集もいろいろ出ているようでいて入手がし難い。
古本やオークションにはかなりの高値がついています。
最近出た(これから出る?)作品集はサラの業績をまとめたもののようで、内容は濃そうなもののやはり高価。
ペーパーバックじゃ写真を楽しむにはちょっとなぁというところです。

中越に行ってきました


甥っ子。

4ヶ月ぶりに会ったら成長著しい。驚いた。
前回遊んだ時はちっともしゃべらなかったし、つかまり立ちがやっとだったのに、今はしゃべりまくり(言葉になってないけど)短い距離なら自立歩行。
なんといっても動きが速い!
遊び方も複雑になってきた。
すごいなぁ。子の成長に親がついて行けなくなるのもわかる気がする。

101007
ティッシュペーパーちぎり中。

植田正治

新潟市新津美術館で「植田正治写真展 写真とボク」を見てきました。
友人からチケットを譲っていただいたのに見に行かないままずるずると月日が過ぎ、気がつくと行ける日がほとんどない!
焦って急遽出かけました。

久しぶりに区バスにちょっぴり貢献。
せっかく車の運転ができないのだからもっと乗らねば。
200円以上の料金になる区間は割引券を使うと200円になるという、さらに割引券はバス内に置かれていてそれに気が付かないと運転手さんが割引券を渡してくれるという、実質200円均一の涙ぐましい新潟市秋葉区区バスをぜひご利用くださいませ!
(廃止になると困るのですよ)

さて展覧会ですが、写真には疎いのでこの植田正治氏なる方はまるで知らなかったのですが、すごい才能です。
世界的に認められた日本の巨匠の一人というのも納得です。
1913年鳥取県境港市に生まれた植田さんは写真館を営みながら故郷を離れることなく創作活動を70年以上続け2000年に88歳で亡くなられています。
鳥取砂丘を舞台に人物を並べた(まさに並べているのです)シリーズ作品が代表作です。
被写体にポーズを取らせ絶妙な場所に配置しています。
構図の妙というのもあるし、砂丘をモノクロで撮ると遠近感が消えて見えたりするのです。
そのせいかモデルの服装や髪型は昭和レトロなのにSF映画に出て来るような場所にたたずんでいる人のように見えてくるので摩訶不思議な感覚が起こります。
この遠近感のなさは静物や風景にも表されていてモノクロの乾いた質感と相まって銅版画のように見えたりもしました。

年代を追ってシリーズごとに展示されていた中で最初の1930年代の写真が一番好きでした。
西洋の影響は確実にあり、まだまだ自分の色を溶かし込みきってないけれど、あの時代に鳥取という地方で技術と洗練と知性を兼ね備えた作品が生まれたことはすごいことだと思います。
若い感性と持って生まれたセンスがぎゅっと詰まった刺激的な作品群でした。


植田正治事務所
http://www.shojiueda.com/jp/index.html
植田正治写真美術館
http://www.japro.com/ueda/

センナリバナナ


県立植物園に来ています。


人様のブログでたまたま見つけた本。
積極的に買うというほどではないものの書店にあればきっと手に取るだろう。
石も大好きなもののひとつ。
学校にある鉱物標本が魅力的だった。

天然石を扱うお店も増えたし、スピリチュアルの観点からも人気のある石だけど、子供の頃はもう少し原始的な想像をしていたなぁ。
地球の奥底から石が生まれていくイメージとか、川底で磨かれた石のイメージとか、火山から飛び出した熱を持った石とか・・・
そんなことを考えていたらこんな本を見つけた。
復刊ドットコムによって最近復刊したらしい。


私にも大切にしてた石があった。
いつの間にか消えてしまったけど。どこに行ったのだろう。


自転車日和

小春展へ。
101002
今日は本当にいいお天気で気温も高め。
会場の北方文化博物館は交通の便はよくないものの家からわりと近いので自転車で行ってきました。

近頃運動不足も甚だしいので少しでも快適な自転車活動をしようと出発前に自転車を磨き、タイヤの空気を入れ、さらに20年乗り続けてさすがにギシギシきしむ愛車の各部に久しぶりに油を注しました。
油の効果は抜群で運転がとてもスムーズ!
途中道がわからなくなって回り道をしたものの20分程で到着。
駐車場に沿ったハサ木にはこの季節ならでは、刈り取られた稲が干してありました。
101002a

裏側にあたる西門を入ると、藤の花の季節ほどではないものの、敷地内のレストランで結婚式をする団体がいたり、パン屋に人が並んでいたりとなかなかの賑わい。
そしてさらに中門をくぐって主だった建物や藤棚を過ぎた奥の方が「小春展」の会場でした。
101002b

【“自転車日和”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。