福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天地人」がNHK大河ドラマに

山本勘助がドラマになるなら、そろそろ直江兼続が来てもおかしくないなぁとは思っていたけれど、とうとう再来年の放送が決定。
配役が楽しみです。
直江兼続の名前が広く知られるのはうれしい。でもね、ドラマとしてはちょっぴり心配。
正直、私は原作がおもしろく感じなかった。
同じく新潟日報で連載された「黒衣の宰相」が評判がよかったイメージだったので(最後まで読んでないけど)、少しは期待してしていたんだけど、主な登場人物がみんな人格的に立派すぎてつまらないんだよなぁ。
話の展開も間延びしてたし。切り込み方によってはいくらでもおもしろくなる時代背景なんだけどねぇ。
ドラマではもっと人間くさく感情移入しやすい人物像を作り出してほしいものです。
ああ、でも脚本家も不安・・・

黒衣の宰相

天地人〈上〉


スポンサーサイト

今年最後の桜

出歯桜
近所の桜‘でっぱちゃん’。花より先に葉が出ます。
このあたりでは一番最後に咲く木なので、とっても愛しい。

さくら・れんぎょう・ゆきやなぎ・・・

さくら・れんぎょう・ゆきやなぎ
毎年楽しみな駅のホームからの風景。
今年は気候の影響かレンギョウの花の付きが悪くていいアングルが見つからないまま時間切れ。
我が家のレンギョウも今年は花が少ない。
桜に囲まれた公園でゲートボールに興じる老人を横目に電車に乗って会社へ。

昨日の疲れがどっと出て、今日は一日中ぐったりでした。

早や、○年?

今日は久しぶりに着物を着てお友達と会った。
市内で着付けの教室を開いている先生が毎月いろんな企画をたてて、新潟の着物人口を増やそう!と頑張ってらっしゃるのだけど、今回「万代橋を着物で歩きましょう」企画に我らが和風倶楽部も参加。
賑やかにしゃべりながら万代橋を渡り、着物関係のお店巡りをしてきた(気がついてみれば一軒もまともに見なかったな)。

懇親会を兼ねた昼食時の自己紹介。着付け教室の生徒さんが多いので着物暦が短い人が多くて「私も着物を着るようになっていつの間にか数年たったなぁ」と思いつつ、はて?数年って具体的に何年?と考えると全くわからない。
一年のうちに数えるほどしか着ていないからわからなくなるのよね・・・
帰宅してから調べてみたら自力で着物着てのデビューは2003年の10月でした。
おおー、4年目突入してたのかぁ。
いまだにお太鼓はヘタクソだけど、短時間に着れるようになったな。
今日は半幅帯だったこともあるけどメールしながら20分。上出来。
今日着た着物。
2007年4月15日の着物
思いっきり普段着。
和風倶楽部の皆さんを除いた皆さんの気合の入った着物姿にびびったけど、私にとってこの紬はまったく気負い無く着れる強い味方。
白地に麻の葉の帯は着物デビューの時に締めたもの。とっても締めやすい。
一応お出掛け用半幅。

新潟・展覧会情報

なんだか私好みの展覧会が盛り沢山の2007年上半期。
兵馬俑、青山二郎とともに見逃せません!

北京故宮博物院展~清朝末期の宮廷芸術と文化~
〔会期:6月16日(土)~7月16日(月・祝)〕
新潟県民会館ギャラリー

用と美の粋「人間国宝のやきもの展」
〔会期:4月9日(月)~6月18日(月)〕
敦井美術館

佐藤国男木版画展~木目が描く賢治の世界
〔会期:4月14日(土)~4月29日(日)〕
小さな美術館 季
○今日の新潟日報でも紹介。宮沢賢治の物語絵本の原画展。

今年の桜

今年の桜4
今日は美容院に行くついでにお気に入りの園芸センターに立ち寄った。
今は満開の桜と三分咲きという感じの枝垂桜と水仙が主だっていた。
チューリップはもう少し。
ほかにも小さな花たちと辛夷がきれい。
今年の桜2

今年の桜1

今年の桜3
雲のない澄み切った青空が広がった一日。
年中湿度の高い新潟では貴重なカラッとしたこの季節が大好き。
まだ近場では満開の桜の方が少なく、去年感動した桜の木も見に行っていない。
今年は見そびれちゃうかな。桜が並木になっていた道もたどってみたいところなのだけど。

歩こう会~趣味編

今日は用事ついでにかつて通学していた街をぶらつこうと思っていたのに、「いつか写真を撮りに行こう」と思っていた場所の幾つかを思いついたので急遽物件をまわることに。

写真撮影の合間に知る人ぞ知る穴場のお店(?)も幾つか覗いて、買い物して、お土産も買って、充実の1日。
【“歩こう会~趣味編”の続きを読む】

久々の展覧会

青山二郎

へいばよう
兵馬俑がまたやって来る!!ということで正月からずっと興奮している私。
大好きな兵馬俑、それも平成11年に発掘の新聞記事を読んで以来「いつか実物を見てみたい!」と願っていた彩色兵馬俑が来てしまうわけだから興奮せずにはいられない。
カラー写真の載った新聞の切抜きを眺めながら今からニマニマ←かなりアヤシイ。

それから先日初めて知ったのだけど、最近ご無沙汰の市美術館でも楽しい企画展が「始皇帝と彩色兵馬俑展」に先駆けてあるのだ。
「青山二郎の眼」がそれ。
骨董好き、やきもの好きには堪らない企画。
何年か前に観た小林秀雄の展覧会も同美術館で開催されて、なかなか楽しめた記憶があるので、今回も楽しみだな~♪


始皇帝と彩色兵馬俑展―司馬遷『史記』の世界
〔会期:5月26日(土)~7月16日(月) 〕
新潟県立万代島美術館

青山二郎の眼
〔会期:4月6日(金)~ 5月13日(日)〕
新潟市美術館


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。