福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やわらかい生活


やわらかい生活 スペシャル・エディション
「39歳孤独で自然体、魅力的なニューヒロイン”橘優子”に、女性の共感の声!」とオフィシャルサイトにはあったけれど、あれって原作のことで映画のことではなかったのかなー?と思ってしまうくらい私は主人公・優子に共感が持てなかった。だいたい優子、35歳だったし。
それに私、寺島しのぶ嫌いかも・・・演技はやっぱり巧いけどね。

舞台である蒲田は魅力的な街だし、映画自体の雰囲気もいい。
ただ、なんだろう。物語とあまり関係のないところで所々ひっかかるものがある。
まず、テンポはいいとは言えない。
私としては間延びしてるなーと感じた箇所がいくつか。
きっと途中で眠っちゃった人もいると思う。
それからタバコやゴミのポイ捨てが3回も登場。こういうことって映画では気にならないことがほとんどなのに、この映画では妙に気になった。
つまらないことを気にしていると自分でも思うけれど「いい町だ」「この町が好きだ」みたいなことを言いながら平気でゴミを捨てるのは不快。
優子がつくウソ(真実も含まれているようだけど)も嫌い。
阪神大震災や地下鉄サリン事件で大切な人を亡くしたなんてウソは、いくらウソでも性質が悪い。
原作が悪いのか、演出が悪いのか。私が神経質なのか。
今まで頑張ってきた優子の人生が見えにくいから、監督が伝えたいという「がんばらなくていいよ」という女性へのエールも感じにくい。

不満ばかりになっちゃった。
優子のアパートは古くてお風呂はないけど、いい感じだったよ。
窓が大きくて明るいの。
おしゃれに暮らしているから部屋のシーンは時にはメルヘンチックだったけど、精神的に荒れてる人の部屋ってあんなにきれいかなぁ?
やっぱり最後も不満をもらしたところでお仕舞い(苦笑)
スポンサーサイト

Wonderful Life


Wonderful Life
懐かしい曲を聴いた。
いい曲だよねぇ。

幸せは自分の中にある

幸せは自分の中にある。

感じることを大切にする。

理屈よりシンプルで素直な言葉が人の心を動かすことがある。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。