福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場にて

今週は悲しいくらいお客さんが入らない(涙)

Oさん「閑古鳥鳴いてますよ~」
Kさん「撃ち殺しちゃいなさい!」

笑っちゃったけど、なかなか危機感迫る会話・・・
スポンサーサイト

春爛漫

今日は朝から庭を散策したり、花をつんで生けたりと、春らしい天気を楽しむ(暖かいけど黄砂飛びまくりの埃っぽい一日だった)。
午後からは、かねてからの計画通り、散歩コースの土手にお花見に行く。
土手の斜面に桜の木が数本生えていて、土手の上から眺めるに丁度いい。
飲み物とおやつと敷物とカメラを持っていざ出発。

今まで気がつかなかったけれど、この土手沿いは桜が多い。
いつもと逆方向の土手にも桜の大木が目についたので途中で寄り道。
よっぽど道沿いに桜を探して歩いてみようかと思ったけれど、当初の目的の場所を目指して風の強い中歩く。
到着してみて、やっぱり来てよかった!!とつくづく思った。
言葉にできない美しさ!
私以外誰もいない土手の斜面に座って、手を伸ばせば触れることができるくらい近くに桜を眺める。
桜のいい香りがただよい、桜の木に集まる鳥たちの声がにぎやかで、いつまで経っても飽きることがない。
06桜

今週中に天気が許せば今度はお酒を手に!と思ったけれど、次の休みは天気がよくなさそう。残念・・・ 【“春爛漫”の続きを読む】

プロ野球

ひそかにアンチ巨人な私。
かといって他に好きな球団があるかというとそうではなく、支持者が多いと反抗したくなる性質(小泉総理人気に対する反感もそうかも)。
開幕してまだ間もないとはいえ、巨人が連勝していると複雑な心境。
そんな中、唯一好きなのが仁志くん。
6試合ぶりのスタメンでうれしい。
だけど試合は別に見なくていいんだな、これが。

和風倶楽部~お花見ランチ

今週二度目の着物行事は今が見頃の桜を楽しむ集いでした。
今日は好天ながらも風が強く埃っぽいので絹物を着ないことにしようと思っていたけれど、そう暖かくもないので羽織を着ました。
羽織も今日が最後でしょう。紅葉の季節までお休みです。
お花見1
信濃川をのぞむ、りゅーとぴあのレストランでランチをし、その後はお花見の混雑を避けて燕喜館へ。
お抹茶をいただきながら話に花を咲かせました。

お花見2燕喜館、どうも今まで縁がなく、今回初めて中に入りました。
水琴窟がある庭ってこれかな?

【“和風倶楽部~お花見ランチ”の続きを読む】

雰囲気が楽しめればまーいいか、な本


ファイブスター物語 (12)
購入してから数日経つのに、まだ拾い読みしかしていない。
とりあえず雰囲気だけを味わっておこうと、毎晩ぱらぱらとめくってはいる。
なぜかというと内容がわかってないから。
どこの惑星で何が起きているのか、この登場人物はどこの国のどういう人物なのか、そのあたりがかなーりわからない。11巻との間隔が開いたから尚更。
前巻と前々巻あたりを引っ張り出して、そこから読まないとムリかもーと休日の楽しみにとっといてある。

最近ぱせりさんと画像がかぶってる?(笑)

お食事会に招待される

梅
我が家の梅が満開です。
桜も週末には見ごろかなという本日、本町のたんす屋さんの5周年記念ご招待で日航ホテルの桃李で中華料理を食べてきました。
私はしょっちゅうたんす屋さんに行ってるとはいうものの、買い物単価はかなり安いし、買い物もせずにおしゃべりしながら長居するばかりで、招待されるのが申し訳ないくらい。
行ってみたら私が一番若かった。
最近はどこへ行ってもお姉さんなので、たまにはいいなぁ。新鮮。
桃李1
コーディネートは春らしく、たんす屋さん度高めに。
着物、襦袢、帯揚、半衿はたんす屋さんで購入したものです。
この着物、遠目に見るとグレーっぽく見えるけれど、細かい横縞に抽象的な植物柄がギザギザと縦に織り込まれていて、なかなかモダンなデザイン。
サイズもたっぷりしていて、なんとお値段3000円とお買い得でした。
花柄の帯にレース足袋で私にしてはかわいい感じなコーディネートです。


桃李2
【“お食事会に招待される”の続きを読む】

スピッツ・シングルコレクション


CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)
スピッツがデビュー15周年らしい。
特別好きなわけではないけれど聴いていると気持ちよくて。
曲調もポップで温かくて時にせつない感じでいいのだけど、マサムネくんの歌詩がいいよなぁ。
この人ってロマンチストなのかなぁ、なんていつも思ってしまう。

抱きしめたい


神様
同じアパートに越してきた‘くま’(本物の熊)とピクニックしたり、友人が置いていった壷をこすると中から煙とともにかわいこちゃんが出てきたりと一見不思議な物語の集まりと思いきや、なにやら胸がきゅーんとするんだな、これが。
人って(人じゃなくても)寂しがりやだから誰かに受け入れてほしいんだよね。
このお話には‘受け入れられる’ことの温かさがある。

ピクニックから帰ってきて別れ際、くまとハグする場面を読んでいたら、時には抱き合うのも大切だよなぁと思った。
日本人にはない習慣だけど、親愛の情や言葉にしきれない思いを伝えるのに抱きしめるという行為は有効だよ。
なんだか受け入れ、受け入れられてるって感じがするから。

今日の立ち読み


日経 WOMAN (ウーマン) 05月号 [雑誌]
この中に親子関係を円滑にするための記事が。
やっぱり親との関係を悩んでいたり、トラブルを抱えている人って多いんだろうな。


春なんだよね

どことなく気持に余裕がないまま、毎日が過ぎている気がする。
春だぁ~とウキウキするような気持にもなかなかならない。
唯一の春気分が通勤時に自転車に乗っているとき。
「梅が三分咲きだねぇ~」「おっ、オオイヌノフグリ咲いてんじゃん」「桜の蕾もけっこうふくらんだぞー」と春ならではの花を一瞬楽しむ。
そしてすぐ忘れる・・・

地面に這いつくばって撮った写真↓
小水仙

ほかの水仙に先駆けて咲く小さな水仙。
いい香り。

ずっと山場


クリスタル・ドラゴン 24
水晶宮に着いてからはずっと山場と言えるけれど、とうとう竜も目覚めて盛り上がるも、まだまだ先が長そう。

読んでいる本


おめでとう
現在、読み中。
今のところ悪くはないけど、私としては、いまいち盛り上がらない内容。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。