福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気負わず、私らしく

051231a忙しくてバタバタしているのに着物が着たくなって数時間だけ着てみた。
素朴なウール着物に中にタートルセーターを着て、化繊の羽織、ポリの半幅帯、タビックスと私にとっては完全なお家モード。これならご飯をつくっても酔っぱらっても気にならない。

今年は着物は欲しいのに、いざとなると着たくないという矛盾があった。
一方で、木綿とウールがあれば充分じゃないだろうかという自分なりの着物生活も見えてきた。051231b
来年は冷静な買い物と、とにかく着物を楽しむことが目標かな。
好きなものを追求していけば自然と私らしくなるのだと思う。


スポンサーサイト

読書まとめ


アンジェリーナ―佐野元春と10の短編
今年もいろいろ読んだけれど、とにかく大収穫は小川洋子さんの作品。
小川洋子さんがインパクト強すぎて、他にも心を動かされた本はあったはずなのに何一つ思い出せない。
まだ読んでいないものも多いので、来年はこのあたりから。

昨年から今年にかけての金田一狂も復活の予感。
明日妹が何冊かの古本を手に帰省。
昼休みの友にはもってこい(小川作品はもっと静かな場所で読みたい)

アートとの付き合い方

FL
Stephen Scott Gross
今年はアートや骨董との付き合い方を考えさせられた一年だった。
これらとの付き合いはこれから一生続くはずだから、へんにのぼせ上がったり、計算したり、思い上がったりすることなく、フラットな気持で向き合えたらと思う。
素直に、見栄を張らず、‘好き’という気持を大切に。
それでも失敗したなら、それはそれでいい経験になるし、自分の‘好き’を大切にした結果なら納得もいくというもの。
そんな当たり前だけど大切なことを思い知らされた。
人との付き合い方とも少し似てるかな。

クリスマスケーキ

毎年恒例、叔母からのケーキのプレゼント。
今年もひそかに期待していたのだけど、ちょっとした手違いと停電の影響で我が家の分を確保することができなかったそうな。
いいのよいいのよ、子供のいる家を優先してくださいな。
大人は他に楽しみもあるしね。

でも明日ケーキ買ってこようかな。
ケーキなんて滅多に食べないから、たまには食べたい。

大停電の日

大停電
昨日の新潟は暴風雪による大停電で大騒ぎ。
新潟市内や多くの市町村がやられ、街中の信号機が消え、デパートもコンビニも早仕舞いという状態。
電車もまったく動かなかったらしいので、たまたま休みだったのはラッキーだったかも。

我が家は朝8時半過ぎから夜の9時過ぎまでの半日、まったく電気が使えないという貴重な経験をしました。
生活のほどんどを電気に頼る中、唯一電気を使わないストーブのおかげで暖はとれたし、ガスは使えるから温かいものは食べられる。
ご飯は朝炊いてあったので雑炊にして。
だけど、電話が使えず、お風呂も使えず。ラジオは電池を入れてみたら壊れてた。
デジカメで写真を撮ろうとしたら、この一枚で充電切れ(苦笑)
情報収集は車のラジオで。

私が買いためていたインテリア用のキャンドルが大活躍。
仏壇のろうそくも登場。
それでも暗くて何もできないので、炎を見つめながら次第に無口になる我が家。
電気が自由に使える生活のすばらしさを実感した一日なのでした。

幾つになっても



GREATEST HITS
若かりしころ浜田麻里にハマった時期があった。
当時はけっこうヘヴィ・メタが好きで、浜田麻里はすっごくかっこいいと思った。
長い間忘れていたけど、ふっと思い出してテープ(テープって今は見かけないよね)を引っ張り出す。
若い頃に熱心に聴いたテープとCDはほとんど取ってあって、どれも(浜田麻里に限らず)今聴いても懐かしいどころか、やっぱり‘大好き’なのである。完全に脳みそと体に刷り込まれている感じがする。
もっと歳をとってもロックを聴いてワクワクするのかな。
うん。するな、きっと。



ああ、納得

新しい職場のスタッフの中でいまだに顔と名前が一致しない人がいるので不思議だったが、それが本日解決。
なんでこの人の名前覚えられないんだろー?というYさんと、顔が思い浮かばないKさんは同一人物でした・・・というオチ。
なんか変だな~と思ってたら、旧姓と結婚後の姓の両方が使われてたのね。
ああ、スッキリ。

二週間

勤めて二週間たった。

この3日間の成果。リボンかけが上達したこと。

仕事へ行こうと最寄り駅に向かって歩いていたら、顔見知りのおばさんに会ったので挨拶をした。
おばさんは開口一番「猿に遭わなかった?」という。
「は?猿ですか?!」
このあたりは住宅地で野生の猿がいるような山は近くにないので半信半疑のままおばさんと別れ、15メートルほど先の中学校のグラウンドの脇に出た。
次の瞬間思わず固まった。
人っ子一人歩いていない道路を一匹の猿がこちらに向かって悠々と歩いてくるではないか。
おそるおそる猿の方向に向かって足を運ぶ。
猿も私も右側通行しながら互いに目も合わせずにすれ違った。
少し離れてからマジマジと見つめる。日本猿だ。
背後の方で偶然通りかかった人たちが騒ぎ始めた。

駅前の交番に向かうとちょうどパトカーが出動するところ。
「猿見ましたよ」と言うと、「今出るところです。どのへんで見ましたか?」とお巡りさんが興奮気味に話し始めなんだか話が長くなりそう。
「電車が来ますので」と途中で逃げた。

帰りは暗かったので猿まだいるかなと不安になりながら家路を急いだ。
我が家の柿の木にいたらどうしようなんて考えながら。
はぁ、それにしたって猿と道ですれ違うなんて始めての経験だったな。

最近読んだ本


博士の愛した数式

ぬしさまへ
ああもう、この帯付の画像がイヤ・・・

博士の愛した数式

待望の文庫化!
さっそく購入し、2時間ほどで読了。
すごい、すごい、すごい!今年読んだ本の中でナンバーワン!
この感動を文章にしたいけれど、言葉を吟味している時間がないので、また後日。

古書店めぐりがしたい!


神田神保町古書街―エリア別完全ガイド
この本を立ち読みしてたらバスの定期券を買いそびれてしまった。
だけど、こんなのを眺めてると行きたくなるなぁ。
カルタの店、浮世絵の店、三島由紀夫の店、などなど気になるお店はすべて神田にそろっている。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。