福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那智のイメージ


触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉

文庫の2巻があった。
でも買わず。迷ったけれど何となく後でいいかな、と。

秋に2時間ドラマになるらしい。
那智役は木村多江さん。ん~、この人と2時間サスペンスっていうと‘不幸な女’のイメージ。もっといい役してもいいのになぁとは思ってたけど、那智とはイメージ違うかも。木村さんは那智より柔らかでいい女系だよなぁ。
那智はもっと中性的でクールで近寄りがたい。
誰がイメージに近いだろ~???
スポンサーサイト

濃いなぁ


鉄子の旅 1 (1)

ついつい立ち読み。
読んでみるとおもしろい。
これって実話?漫画家の体験談?
仕事でなけりゃ周ってるヒマねーよって感じの鉄道の旅満載。

そーいや、どうして交通博物館は閉鎖になるのかなぁ?

7月号、すでにバックナンバーか


芸術新潮 07月号 [雑誌]

あれっ?買おう買おうと思いつつ毎日忘れてたけど、もう最新号出ちゃってるの?
民藝館の号を見たのは確かに今週だったんだけどなぁ。
どこの書店だったんだろ。まだ置いてるといいけど。


日々新しいものが産まれ、すばらしいものもたくさんあるのに
どうして人は古いものに心ひかれるのか。
結局、美しいものに古い新しいは関係ないのだろうな。


死の島

死の島

「死の島」についてはこちらにくわしいものがあります。
私も「死の島」ナマで見てみたい・・・

そもそもの出会いは学生時代に買った「地獄百景」の表紙。
これは聖地(墓場)に向うシーンなのだろうね。陰鬱な空、そしてこの絵に横たわるこわいくらいの静寂と生ある者を拒むかのような空気に一気に魅了されてしまった。
なんとも不思議なパワーを持つ絵です。

地獄百景


GIGER版「死の島」

ギガー版死の島
H.R.GIGERって好き。
「エイリアン」も「スピーシーズ」もあまり好きじゃないのに、この人の絵って妙に惹かれるんだよね。
ベックリンの「死の島」も描いてて、元の絵より妖気漂ってる。
でも、これ見ちゃうとかえってベックリンの絵のこわさがよくわかる。


Hr Giger Arh+ (Basic Art Series)


天上の青


天上の青〈上〉
毎年、夏が来ると思い出す小説。
昨日、今年初めてのヘブンリーブルーを花屋さんで見た。
小さくて少し薄い青だったけれど、あの花を見るとなんだかさびしくなる。

一人でひっそりと暮らす中年女と朝顔を口実に近づいてくる若い男。
女の前では優しい顔を見せる男は連続殺人犯で、激情にまかせて小学生の男の子を殺害、そして犯行が発覚してしまう・・・
あまりにキレイ事を並べ立てる女にはほとんど共感を覚えないし、死を覚悟したからといって無感情に人を殺した男の心に本当に変化が生じるものかと疑問も感じつつも、終盤の二人の手紙のやりとりにはひきつけられる。
そして他人の命を奪った人間の命が刑罰という形でまた奪われるという制度に心が重くなるのだ。


白血病の少年が愛した朝顔もヘブンリーブルーだった。



杉浦日向子


合葬
杉浦日向子さん死去。
大ショック。
杉浦さんが残してくれたものは私の人生の財産。

去年から尊敬している人が次々と亡くなる・・・

復刻堂

復刻堂
今更ながら復刻堂シリーズにはまる。
お茶以外の飲み物って牛乳くらいしか飲まないから存在に気付いてなかったけど、初期に出たものってもう自販機に並んでないよ~。
むかしのジュースって甘ったるいイメージだけど、どれもスッキリした甘味。

子供のころってコーラもサイダーもオレンジジュースもビンだった。
ビンの方がおいしく感じるのはどうしてかな。


熱中→寝不足

ゆうべからこれを読んでいる。
予想以上におもしろい。ちょっと感動までしている。
やっぱり奇跡の恋かも。

秘仏見学

市内の瑞光寺にて秘仏見学す。
十年に一度のご開帳。
この寺の境内には会津八一の墓もある。

やっぱりIGGY!


コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)

観てきました!大満足!イギー・ポップは特にいいね。
イギーがアレンジした「Louie,Louie」もよかった。
11本のショートストーリーの中では「双子」と「ルネ」が好き。
謎の女性ルネの「色も温度もちょうど良かったのに」という台詞、ひっきりなしにタバコをふかし、その合間にコーヒーを口に運ぶ、その色っぽい仕草に夢中。
でも、タバコを吸わない私から見たら不味そうだけどなー。

ジム・ジャームッシュ

昨日の続き。
この監督と言えば「ナイト・オン・ザ・プラネット」?
「ミステリー・トレイン」もこの人か。オムニバスが多いのだね。
なんていうか、狭い空間で繰り広げられる会話劇といいましょうか。こういうの好きだなぁ。

ナイト・オン・ザ・プラネット

ひとめぼれ映画

予告を観た瞬間から早く観たくて仕方がない映画、
コーヒー&シガレッツ
なんとも小洒落た映画だなぁと思ったら、公式サイトもコーヒーバージョンとシガレッツバージョンがあったりして心憎い。
個人的にはイギー・ポップとケイト・ブランシェットがお目当て。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。