福福生活next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さわ山」へ

090513a
今日は本町界隈を散策。
上大川前通と本町通をつなぐ小路をジグザグ歩きしながら、お団子屋さんのさわ山さんに行き大福餅を買う計画。

新潟の町はとってもチャーミング。
お屋敷が並ぶ山の手地区と、町屋が並ぶ信濃川沿いの地区があり、港町として栄えた信濃川沿いの地区は江戸時代に「堀」と「通り」と「小路」で区画されるようになった。
荷物の運搬用に設けられた堀は戦後埋め立てられてしまったけれど、町並みや小路の名前は今も残り昔の面影を今に伝えている。

近年、小路めぐりマップが作成され、各小路に案内板が立ち、町の散策がより楽しくなった。
小路めぐり
今日は下(しも)しか歩かなかったので、またの機会に上(かみ)の方も。

そして、さわ山の大福は非常に美味!
薄い餅にくるまれた餡子は甘さと塩気が絶妙のバランス。
・・・写真を撮る予定が、帰宅したころにはすっかり形が崩れ、餅は破れ・・・
それだけ餡子がたっぷりで柔かいのです。

090513b
090513c
帰りに歩いた本町通りも昔ながらの商店街があって懐かしい雰囲気で大好き。
西堀通りも寺町で趣き深くてお気に入り。
何度歩いても新潟の町はおもしろさがあるなぁと感じる。

スポンサーサイト

初夏の1日

080518
まず万代で映画を観て、いつもの化粧品カウンターで少しおしゃべりして、それから万代橋を渡りみなとぴあ方面へてくてく。
映画館に入る前はそうでもなかったけど、この時間にはすっかり陽射が強くなって、歩くと暑さを感じる。
同じ左岸でも、りゅーとぴあ方面と違ってこちらは海に向かうこともあり、港町らしいちょっとモダンな雰囲気に整備されている。
対岸の朱鷺メッセや停泊している船やヨットを眺めながら陽光の中を歩いていると、なんだか外国っぽいなーなんて。

みなとぴあで小休止の後は下町(しもまち)を当てどなく歩き回る。
こんぴら通りで遅めの昼食。
この通りは道路整備の影響で大きな道路によって分断されてしまい、久しぶりに来たらすっかり変わっていてショックだった。
お尻上げてる狛犬がいた小さい神社はどこに行ってしまったんだろうか?
この商店街も繁華街の一角にありながら寂れる一方だ。
万代橋では、市の補助金によるマンション建設に反対する市民団体が署名活動をしていて、昔からその土地に住んでいる市民の暮らしに相変わらず配慮をしない行政に憤りを感じた。

さくらんぼ発見!!

20080518125829

ゆっくり歩こう

20080518102144
急いでいると見つけられないものもあるから。

町歩きの楽しみ

自然の中を歩くのも楽しいが、町を歩くのも楽しいもの。
車社会の世の中で、歩くからこそ発見できるものも多い。
私の場合、タウンマップを大いに活用している。

昨年、弥彦に行ったときに参考にしたのは、新潟日報の付録「新潟を歩こう。」。
新潟県内各地をピックアップして距離と所要時間を割り出した散策コースを提案している。
また参考にしてどこかへ出かけてみたいと思っている。

ローカル情報誌「キャレル」5月号では「休日的まちあるき。」と題した特集が組まれていた。
今回は水原と加茂。
JR駅前から伸びる商店街をイラストと写真で紹介。
いわば、隣町の商店街なわけだから、普通ならわざわざ行くことはない。
それが雑誌で紹介されるだけで、興味が湧いてくるのだからおもしろい。
こういう特集ならシリーズ化もアリでしょう。

新潟市内も古町地区を中心にタウンマップが多数存在している。
寺町、レンタサイクル、古町五~九番町、ギャラリー、町屋などなど、バラエティはいくらでもある。
私は「にいがた町屋マップ」と「カミフルチャンネル」を愛用。
そして本日、うっかり忘れていた「新潟の町 小路めぐり」をようやく入手。
ひとつひとつの小路の名前の由来から、その魅力、さらには新潟の町の歴史まで詰め込まれた、このマップはイラストと写真が下町の雰囲気をうまく伝えていて、本当によい出来。
「本町通界隈編」とあるから続編も作られるのかもしれない。
期待して待とう。

そして1週間・・・

080413
先週の桜が見事に咲き揃いました!!!

桜のあるところを選んで2時間ほど歩いてきた。
実はおとといも用事がてら桜並木を歩いたのだけど、天気が悪く、風邪で体調も悪く、おまけに用事は足りず、何だか歩くのがやっとの状態だったので、今日は曇り空ながらいい花が見れて気分は最高!
いわゆるお花見スポットではないので、ゆっくり見れたし、人の手が加えられず伸びたいだけ伸びている木もあってなかなか豪快。
木が伸び伸びしてると私も伸び伸びするよ~。

ちょっと心がスカスカしている時期だったので、桜に癒された感じ。
だけど、春だから?
今のままでいいのか!?なんて妙に気持が焦ったり、私は一体何してんだろ・・・と虚しくなったり、不安定な精神状態。
こういうときは歩くのが一番!と歩きまくって、ちょっぴり痩せたのは思わぬ収穫。

もうすぐサクラサク

080406a
短いお散歩ルートは先日歩いたけれど、長いお散歩ルートは冬が終わって初めて歩いた。
遠目に見ても桜の木が色づいてきたので、わくわくしながら桜がある道を選んで歩く。
ほんのりピンク色にそまった木が多くて、次の休みこそは満開!と心浮き立つ。
080406b
もう咲いている木も。
写真を撮っていたらジョギング中の元気なおじいちゃんに声をかけられた。
知らない人と交わす会話も散歩の楽しみのひとつ。
080406c
‘双子の木’とひそかに呼んでいる2本並んで立っているポプラ。
双子の片割れをあえて影だけで撮ってみた。
私も仲間に入れてね。
080406d
頭の上で手をつなぐ双子。

お花見へ

梅見2
お花見・・・といっても新潟は桜はまだです。
今日は梅見に。
毎年見そびれている亀田の梅林を今年こそ!と思っていたのに結局、天気やら休みの都合で見そびれ、残念な思いをしているところに今日の新聞記事。
「田上町にも梅林がある!!」
ということで、早速歩いてきました。

春霞の天気の中、電車に乗って、降り立ったのは羽生田駅。
昨秋の椿寿荘に続いて二度目です。
梅見1
前回は気づかなかったレトロなポストをまずパチリ。
いつまでも現役でいてください。 【“お花見へ”の続きを読む】

椿寿荘へ

ちんじゅそう1
今日は田上町の椿寿荘へ。
父は「あれは豪農の館なんか?沢海の伊藤様に比べたら規模小さいだろ」などと言っていたけれど、なかなかどうして、立派なものでしたよ。
私はけっこう感動しました。 【“椿寿荘へ”の続きを読む】

秋晴れ散歩

一時雨が降ったけれど、午後には晴れたのでいつもの散歩。
2時間近く歩く。
そのせいか、職場でもらったか、夕方には風邪気味に。
それにしてもススキの原っぱがきれい!
日の光をあびてキラキラと風になびく姿は白い波のようで、うっとりするほど。
秋のバッタ
でかいバッタと遊ぶ。
この時期のバッタは茶色。
緑色はほとんど見かけない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。